2013年07月31日

ふたつの「モダンガール」、シーナ・イーストン/浜田省吾

最近サーキト型フィットネスに通いだした。運動は嫌いだが、筋肉の衰えで体のあちこち痛くてしかたがない。それにレスリーのライブに向けて体力もつけたい!
フィットネスで、昔大好きだった曲がかかった。シーナ・イーストンの「モダンガール」(1980年)。気の進まない筋トレも楽しくなった。
シーナ・イーストンがスコットランド、グラスゴーの出身だと知らなかった!
確かにYoutubeのビデオには、イギリスの街が映っている。
歌詞を見ると、モダンガールの気持ちを表している。



シーナ・イーストンのモダンガール
この時代こんなにしっかりした化粧がはやってたかしら?


1981年の浜田省吾のアルバム「愛の世代の前に」の2曲目、「モダンガール」。この曲も大好きでよく聴いていた。こちらはモダンガールに恋する、男心を歌っている。



浜田省吾のモダンガール
さすがライブで迫力があって楽しめます!


posted by jirokayo at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

レスリー大阪公演、チケット販売場所の確認

今日、Time Bomb Recordsのチケット販売担当の方とVinyl Japanの方と話をしました。
今回のレスリー大阪公演のチケット販売は、大阪ミューズとVinyl Japanの2か所とのことでした。昨日ブログに書いた、Time Bomb Recordsでの販売はありません。

混乱されるような事を書いて、本当に申し訳ありませんでした。

ミューズの対応を聞いて気の毒に思った友達が、Time Bomb Recordsに問い合わせてくれたのですが、チケット担当者が不在で、 情報に誤解があったようです。

Vinyl Japanさんの大阪公演はいつも、チケット販売をTime Bomb Recordsさんに委託するそうです。が、今回は委託しないかわりにVinyl Japanさん自ら東京で販売されるとのことです。



posted by jirokayo at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

大阪ミューズ、並んだらあかんの?! レスリー大阪公演チケット購入

今日、大阪心斎橋の大阪ミューズを見にいった。
昨日ちびたじるしさんが下見に行って、FBに写真をアップしてくれていたので直ぐに分かった。

帰る途中で、大阪ミューズ電話をかけて聞いてみた。

「今週土曜から発売のBCRのチケットを買いに行きたいんですが。。階段のそばで並んだらいいですか?」
「ビルが閉まっているので、並ぶのはできないと思います」
「でも、さっき行ったら、他のお店があるので空いてましたけど。。」
「曜日によって違うんです。他のテナントさんがいるから並んでもらうと、ちょっと。。1時発売なので、その時間にこちらに来てもらうしかないです」
「でも、早めに行って並んだりしますよね」
「こちらでは、どこに並んだら良いかとかは言えません」


確かに他のテナントに迷惑になるので、行列のアドバイスはできないというのは分かる。
でも、どうしよう?
と思って、大阪のライブハウスに詳しいお友達に相談したら、心斎橋の
Time Bomb Records で、8月3日の12時からチケット発売があり、早めに行って並ぶのは良い、と教えてくれました。
ただ、整理番号が大阪ミューズの方が早いかもしれない。Time Bomb Records に問い合わせると、「チケットはまだ届いてないから、何ともいえない」と言われました。チケット担当者が今日は不在なので、明日もうちょっと詳細が分かると思います。詳細によっては、Time Bomb Records での購入も検討したいです。


大阪ミューズの写真

20130729 muse1.jpg

20130729 muse2.jpg
テナントの横にエレベーター

20130729 muse3.jpg
エレベーター横の階段

posted by jirokayo at 15:56| Comment(6) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜田省吾ライブスペシャル“僕と彼女と週末に”

浜田省吾ライブスペシャルを録画した。
中学でローラーズのファンになり、他の洋楽もよく聞いた後は、浜田省吾のファンになった。思春期の遣る瀬無い思いが、浜田省吾の暗い歌にマッチしてたのだと思う。20代前半まで神戸や姫路のコンサートによく行ったが、ホールが満席にならなかった。「このホールが満席になるまで、来ます!」と、浜田省吾は挨拶していた。確かに回を重ねる度に、お客の数は増えてきてた。

番組を観てびっくり。大会場で、ファンの年齢層も幅広い!年配の男性、中年層、若い人達、小さな子供達もいる。

20130729 syogo1.jpg

60歳まで音楽活動を続けてきた結果か? ロックでポップな曲に、重くシリアスな歌詞が時代にマッチしているのか? たぶん両方だと思う。

20130729 syogo2.jpg

ギタリストの町支寛二さん、昔から変わってない。革のズボンとかはいて衣装は派手だった。

20130729 syogo3.jpg

とても60歳に見えない浜田省吾、立派です。今までの積み上げてきた努力を感じます。


posted by jirokayo at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

キエフ・バレエ 「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」

7月27日、神戸文化ホールでキエフバレエの「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト」に行った。
クラシック・バレエの中から名場面を集めたガラコンサートで、子供達や私のようなバレエに詳しくない大人には観やすかった。

20130727 ballet1.JPG

プログラム
「眠りの森の美女」  ワルツ、ローズ・アダージョ
「人形の精」 パ・ド・トロア
「白鳥の湖」 第1幕2場より
「カルメン」 
「海賊」 第2幕より パ・ド・ドゥ
「くるみわり人形」 第2幕より 花のワルツ、アダージョ&コーダ
「白鳥の湖」 第2幕より 黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ
「ゴパック」
「瀕死の白鳥」
「パキータ」より

3人のソリスト
20130727ballet2.jpg
エレーナ・フィリピエワ  カテリーナ・クーハリ  オリガ・ゴリッツァ

皆美しくて良かったですが、ベテランのエレーナ・フィリピエワさんが舞った、瀕死の白鳥が一番印象に残りました。手の動きが素晴らしい。まるで白鳥がのり移ったようにみえました。


posted by jirokayo at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする