2013年11月30日

幸運の「ファブリ 世界の名画集」

夫はブックオフの愛好家、それで私はブックオフ携帯会員になっている。久しぶりに大きなお得情報があったので、私も何か探そう思ってお店に行った。
1970年平凡社発行、印刷はイタリアの「ファブリ 世界名画集」を見つけた。定価300円。中を見ると今から40年以上前のものと思えない、本当に美しく絵が観える。

20131130 painting3.JPG

クリムト、アンソールを買った。
ゆっくり絵が観たいと思って、夫と分かれてからカフェに行った。週末でどこも混んでいた。やっと見つけて座った席の隣で、英語のレッスンをしている。カフェでのレッスン。私も昔ここでフランス語のレッスンをしていた。
絵を眺めながら、耳が隣のレッスンを一生懸命聞いていた。先生も生徒さんもとても真面目で、良いレッスン内容だった。ヒヤリングさせてもらってラッキーだと思っていたら、立ち上がった先生が本の絵を見て「良い絵だ!ゴッホか?」と聞いてきた。「印象派か?」などとも聞かれ、簡単な単語で答えたが、先生は私は聞き耳を立ててたことに気付いていたのか?

20131130 painting1.JPG

グスタフ・クリムトの「ぶなの森」、色使いが好きで癒される。

20131130 painting2.JPG

ジェームス・アンソール 「花かざりの帽子をかぶったアンソール」
先生がきれいだと言った絵。後期印象派、ベルギーの画家だと伝えた。

posted by jirokayo at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

神戸ビエンナーレの会場で見つけた作品

12月1日まで開催されている「神戸ビエンナーレ」。阪神・淡路大震災からの復興を経て、文化芸術への取り組みを街の活性化につなげようと、2年に一度開催されている。4回目の今年初めて、2つの会場を回った。
印象に残った作品が2つあったが、今回のビエンナーレとは関係のないものだった。

20131128 tableau.PNG
奥田善巳《CO-684》1992 年 油彩画

兵庫県立美術館の奥田善巳展の作品。一部屋に同じテーマの作品、色違いが並んでいるが、この作品が質感があって一番美しいと感じた。

les trois polognes.jpg

BBプラザ美術館のブロンズ像、ブールデルの「三つのポーランド」。(写真は石像)
タイトルの Les Trois Polognes(三つのポーランド) と、3人が上を向いているのが気になった。上に何かあるのかと自分もつい上を眺めてしまった。ポーランドの独立に生涯を捧げた詩人アダム・ミスキュヴィッチの記念碑。

posted by jirokayo at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作りのレスリー応援グッズ、写真届きました!

レスリーのライブまで後2週間。レスリーファンの方々は、わくわくどきどきの日々を送っておられることと思います。私も夫から「他に考えることないんか?」と言われています。

rinoさんが、手作りの応援グッズの写真を送ってくださいました。

20131128 les3.jpg

レスリーへの思いを感じてあたたかいグッズですね。

20131128 les2.jpg

オールスタンディングなので、大きなグッズで後ろの方のお邪魔はできないですが、ペンライトや内輪など上手く使ってレスリーを応援したいですねわーい(嬉しい顔)

leslie.jpg

レスリーとrinoさんのツーショット、素敵ですね!

posted by jirokayo at 11:37| Comment(29) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

フランソワーズ・アルディ出演ラジオ番組(11月9日)

11月9日、フランソワーズ・アルディの出演のラジオ番組です。
こちらから聴けます。
Etonnez-moi Benoit le samedi 9 novembre 2013

20131127 francoise.JPG

フランソワーズは1960年代に人気絶頂だったシンガーソングライター。

番組について、フランス語の先生から聞きました。最近全くサボっているフランス語。意味が分からなくてもラジオ番組でも聴いて、せめて少しでもフランス語に触れることはしたいと思います。

番組ではフランソワーズ以外の曲もかかって楽しめます。
Thomas Dutronc のle Blues du Rose が良かったのでYoutubeをリンクします。





posted by jirokayo at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スコットランド独立国家へ白書発表(11月26日)

今朝BSニュースで、スコットランド独立後の構想が発表されたというニュースをBBCから取り上げていた。調べてみると来年9月18日に、イギリスから独立を問う住民投票が行われるそうだ。

NHKニュース(11月27日 5時27分)より
イギリスからの独立の是非を問う住民投票が来年予定されているスコットランドで、自治政府が26日、独立国家としての構想をまとめた白書を発表しましたが、イギリス政府は情報の開示が不十分だなどと批判し、今後、住民の支持がどこまで広がるのか注目されます。

イギリス北部のスコットランドでは、北海の豊富な石油資源などを背景に独立の機運が高まり、来年9月18日にイギリスからの独立の是非を問う住民投票が行われることになっています。
スコットランド民族党の党首で自治政府のトップ、サモンド行政府首相は、26日、グラスゴーで独立国家としての構想をまとめた白書を発表しました。
この中で独立後の政府は、自前の税制と経済政策で子育て支援などを充実させる一方、通貨はポンドを継続して使うとしています。
またイギリスと防衛のための軍事協力は維持しますが、将来の軍事費の負担を軽減するため原子力潜水艦に搭載されている核ミサイルは地域から撤去するなどとしています。
これに対しイギリス政府は、自前の税制システムの運用費など独立にかかるコストを試算しているのに開示していないなどと自治政府を批判しています。
地元メディアによりますと今月の世論調査では、経済面などへの影響の懸念から独立に反対が47%で賛成の38%を上回っていますが、差は徐々に縮まっているということで、白書の発表で今後、住民の支持がどこまで広がるのか注目されます。

20131127 book.PNG
Alex Salmond

BBCニュース
Scottish independence: Referendum White Paper unveiled

posted by jirokayo at 08:58| Comment(4) | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする