2014年01月30日

Shang-A-Lang ラジオショー(1月29日)&レスリーのShang-A-Lang

昨夜、Shang-A-Lang ラジオショーがありました。アランが電話で生出演していて、ファンの皆さんからのメッセージに楽しそうに応えてました。アランの一番好きな曲は Don't let the music die でした。
最初にayumiさんがリクエストした lovely to see you がかかって、その後にハルさんがリクエストした Angel angel がかかりましたね! ハルさん、メッセージがとても良かったです! どちらの曲も聞けてうれしかったです!ありがとうございました。
その後に夫が帰ってきて、いろいろと雑用を言われて番組がゆっくり聞けませんでした。
Daveさんが、録音をアップしてくれたら、リンクしたいと思います。

---------------------------------------------------------
追記(1月31日 21:30)
Daveさんが録音をアップしてくださいました。
こちらで聴けます。
https://archive.org/details/ShangalangTheBayCityRollersRadioShowFtAlanLongmuir29thJanuary2014
オープニングのRememberがayumiさんのリクエストでした。
Daveさん、ありがとうございました。

---------------------------------------------------------

昨日は一日家でパソコンの再インストールや仕事をしていて、夜に気分転換に出かけました。レスリーのShang-A-Lang が午後に届いたので、電子辞書と一緒に近所のカフェに持っていきました。コメント欄に書いたように、写真のページを見てから最後から読んでます。ファンのメッセージを読んでじーんと感動しました。最後のレスリーの文章も良かったです。電子辞書で何度も単語ひいてますが、ぼちぼちなら読めそうなので、買って良かったです。

DSCF1971.JPG

北野坂にオープンしたタリーズカフェ


posted by jirokayo at 02:05| Comment(29) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たい焼きが食べたいな 姫路の遊示堂

年末に姫路の遊示堂に買った、たい焼き の写真眺めてます。

20140129 taiyaki1.jpg

『30分以上かけて丁寧に焼き上げるため、表面はパリパリとしていながら、中はモッチリとした食感を楽しめます』、とお店のホームページに書いてます。

20140129 taiyaki4.jpg

何人ものスタッフで焼いてます。

20140129 taiyaki2.jpg

寒い日なのに行列ができてました。

NHKの大河ドラマ『軍師 官兵衛』で、姫路は盛り上がってます。戦国史が好きな夫も盛り上がっているので、また姫路の官兵衛縁の地に行く予定です。また買えそうですね。たい焼き!

鯛焼本舗 遊示堂(ゆうじどう)のサイト
兵庫県姫路市東駅前町55

posted by jirokayo at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

映画、「鑑定士と顔のない依頼人」

昨日ご招待していただいて、神戸シネリーブルで「鑑定士と顔のない依頼人」(英語タイトル The best offer)を観た。新聞やテレビの案内を見て面白そうだと思っていたが。。

20140128 film2.PNG
イタリア語の広告 原題:La migliore offerta

イタリアを舞台に美術品を扱ったサスペンスで、「マレーナ」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の大胆で芸術的な見せ方に、次ぎどうなるのか?次は?と真剣に見入ってしまう。エンニオ・モリコーネの音楽は少し大げさに聴こえるところもあったが、怪しげな映像に合っていた。
ジェフリー・ラッシュが演じた主演の鑑定士役、初めて恋に落ちた男の純粋さと哀れさが伝わってきて、映画なのにすごく気の毒に思ってしまった。怖い話だけれどうまく作っている。極上のミステリー、といううたい文句に納得できる。

20140128 film1.PNG

絵画鑑賞がお好きな方にはお勧め?かも
エンドロールで、映画に使用した肖像画が全部記載されていた。

あらすじ
天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺(のこ)した美術品を査定してほしいという依頼を受ける。屋敷を訪ねるも依頼人の女性クレア(シルヴィア・フークス)は決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美術品の一部を見つける。その調査と共に依頼人の身辺を探る彼は……。
(シネマトゥディより)

鑑定士と顔のない依頼人の公式サイト

posted by jirokayo at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デレクへのオマージュ

一昨日、ちびたじるしさんが、レスリーのShang-A-Lang から、デレクを語った部分を写メールくださいました。とても感動したのでタイプさせて掲載させていただきます。レスリーのお父さんが心臓発作で亡くなったときの話です。

My dad died last autumn after a heart attack. When he went into hospital, I was really touched that Derek took the time to talk to the various doctors and specialists and translate everything they'd told me in medicalese into plain English. He was a true freind at a time when nothing was really making much sense. Then Woody and his wife Denise came along to the funeral to pay their respects to my father. We hadn't spoken since the Budokan CD fiasco and it meant a lot. I've also had a few beers with Alan and they were all genuniely concerned and suppoortive at a time when I really needed it. It doesn't seem so long now since we'd all flown to London to do ‘Shang-A-Lang’ on Top Of The Pops the day after the Longmuir broghters'beloved mum died.

デレクは心臓科の看護士をしていると、レスリーが昨年インタビューで語ってました。仕事ということもあるでしょうが、できる限りのことを誠意をもって行ったのだと想像させる文章です。ウッディが奥さんと一緒にお葬式に参列したこと、アランとビールを飲みながら過ごしたこと、本当に必要なときに気遣ってくれた友達だと書いてあります。デレク、アランのお母さんが亡くなってすぐに、Shang-A-Lang のトップチャート上昇でロンドンに行った時から長い時間がたっていると感じない、と語ってます。辛いときを共有してきた本当の仲間なのだと思いました。

そして昨日、miyaさんがデレクの写真を送ってくださいました。

IMGP0736.JPG

ニューヨーク?での写真。

20140128 derek.jpg

去年の4月、ニューヨークの自然史博物館で買ったペンです。Derek と書いてあります。
もったいなくてまだ使ってません。

ちびたじるしさん、miyaさん、 本当にありがとうございました!

posted by jirokayo at 10:15| Comment(24) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

映画 「恋のロンドン狂騒曲」

映画のタイトルと、アンソニー・ホプキンスの出演に惹かれて、年末に借りたDVD「恋のロンドン狂騒曲」。何度も再生したがじっくり見ている間がなくて、気がついたらいつもエンディングロールになっていた。
二組の夫婦が破局をむかえて、4人それぞれ新しい恋、新しいパートナーを見つけるのだが。。ウディ・アレンの脚本と監督で、おもしろいけれどシニカルな作品。男は本能的に若い女が好き、女は占いやスピリチアルで人生を決めたがる、まるで自分を見てるようで苦笑してしまう。

20140126 film1.PNG

アントニオ・バンデラス、ジョシュ・ブローリン、フリーダ・ピント以外のメインキャストはイギリス人俳優でイギリス英語が聞けます。

恋のロンドン狂騒曲のサイト

他のウッディ・アレンの作品は「それでも恋するバルセロナ」を観ました。ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソンなどの人気俳優を起用した作品で、強烈に印象に残りました。

posted by jirokayo at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする