2015年01月31日

日本センチュリー交響楽団のシベリウス&ラフマニノフ「ピアノ協奏曲V」

1月31日、神戸松方ホールで日本センチュリー交響楽団のコンサートが催された。

20150131 concert.JPG

指揮:岩村 力
ピアノ: 崎谷明弘
交響楽団:日本センチュリー交響楽団

曲目
シベリウス:組曲「カレリア」、祝祭アンダンテ、悲しきワルツ、交響詩「フィンランディア」
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 
アンコール
ベートヴェン:ピアノソナタ第1番 第2楽章

前半は今年生誕150周年を迎えるフィンランドの作曲家・シベリウスのプログラムだった。「フィンランディア」以外は初めて聴く曲だったためか新鮮に感じて楽しめ、得に「悲しきワルツ」は曲想の変わり方が面白いと思った。後半は神戸出身の崎谷明弘さんの迫力のピアノが加わった、ラフマニノフのピアノ協奏曲3番を聴いた。崎谷さんのこの曲の解説の一部、
「。。技巧の難しさだけではなく、溢れ、ほとばしるエネルギーの奔流を、ピアノとオーケストラとが一体となって創りあげていかなければならないからです。まるで険しい山に挑み、一歩一歩踏みしめる昂りを感じるような心地で前進していくと、最後の最後に出だしからは想像だにできない絶景が広がっています。。」
この解説の通り、ラストは盛り上がりは感動的で、絶景が見えたみたいだった。崎谷さんは1988年生まれ、直向きに演奏する姿は心に残り、素朴で温かみを感じたアンコール曲はベートヴェンだと分かりました。2階席の最前列の席でピアノニストの手元もオーケストラの演奏もよく見え、聴き応えのある素晴らしい演奏会だと思いました。

日本センチュリー交響楽団の公式サイト
崎谷明弘さんの公式サイト

posted by jirokayo at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

「五つ星ひょうご」の消防隊カレー、黒豆茶、かりんとう

JR三宮駅で「五つ星ひょうご」に選定された商品を買いました。(1月31日まで三宮駅で販売)
「五つ星ひょうご」とは・・・ひょうご五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の豊かな自然や歴史・文化を生かした商品のうち、“地域らしさ”と“創意工夫”とを兼ね備えた逸品を、統一ブランド名「五つ星ひょうご」として全国に発信するものです。(公式サイトより)

20150130 hyogo1.jpg

お勧めの商品が並んでいる中で、一番人気の「消防隊カレー」、丹波の「まめな黒豆茶」、姫路のかりんとう「こすくらん」、を選びました。

20150130 hyogo4.jpg

神戸は今年震災20周年ということで、神戸消防局とエム・シーシー食品がコラボでこのカレーを作ったそうです。黒豆茶はティーパックなので使いやすいです。

20150130 hyogo3.jpg

姫路のかりんとうは大きなものを想像しますが、これは一口サイズ、抹茶味であっさりしていて食べやすいです。2袋入っています。

五つ星ひょうごの公式サイト

posted by jirokayo at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

「ダウントン・アビー」ダン・スティーヴンス出演作品、『2月の夏』

日本では第2シーズン放送中の『ダウントン・アビー』、毎回予測がつかない展開でおもしろい。マシュー役のダン・スティーヴンスが出演している映画、『2月の夏』をツタヤで見つけた。ハンサムで好感度が高いマシュー、これはぜひ観なければと思って借りてきた。

20150129 film3.JPG

19世紀〜20世紀に活躍したイギリスの画家、アルフレッド・マニングスの若き日の実話に基づいて作られた映画。イギリス西部の美しい海岸地域にある芸術家たちが集う街が舞台。画家役はドミニク・クーパー、画家の友人にダン・スティーヴンス、二人の心を捉える画家志望の女性、エミリー・ブラウニング、この3人の愛と友情の話で、喜び苦しみの結果、悲しい結末をむかえる。

20150129 film1.JPG

アルフレッド・マニングスは田園と馬の絵を得意としていたそうだ。どこかの美術館で観たことがあるかもしれない。ダン・スティーヴンスは第一次世界大戦の戦地で戦う、これはダウントン・アビーのマシュー役と同じで違和感はない。絵画好きで、ダン・スティーヴンスが好きな私は、見て良かったと思う作品でした。

20150129 film2.JPG

あらすじ(アマゾンサイトから)
第1次世界大戦前、イギリス西部の美しい海岸地域にある芸術家たちが集う街で、気鋭の画家、AJことアルフレッド・マニングス(ドミニク・クーパー)と、彼の親友で名門出身のギルバートエバンス(ダン・スティーヴンス)の前に二人の心を揺さぶる女性が現れる。それは、画 家を目指す兄を追ってきたフローレンス(エミリー・ブラウニング)であった。彼女はAJから絵を教わる代わりにモデルとなるが、いつしか結婚することとなる。しかし、この結婚に疑問を感じた彼女は自殺を図ってしまう。何とか一命を取り留め、やがてギルバートとの愛に目覚める。しかし、それは幸せへ続く道ではなかった…。

ラベル:映画 美術 英国
posted by jirokayo at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

Out of Reach 「ブリジッド・ジョーンズの日記」の挿入歌

2001年公開の「ブリジッド・ジョーンズの日記」の挿入歌、Out of Reach



2002年のバレンタインディー、会社帰りに一人でこの映画を観に行った。ブリジッドのおバカなところに共感し、コリン・ファースが輝いて見えた。この挿入歌はとても好きな曲です。
ラベル:映画 音楽
posted by jirokayo at 02:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

【録音のリンク有】DJはRonnieさん。ベイシティローラーズ特集番組、Shang-A-Lang(2015年1月26日)

今夜、1月24日24時よりベイシティローラーズ特集番組、Shang-A-Lang ラジオショーがあります。
DJのDaveさんの体調が悪く(息苦しい)なられて、RonnieさんがDJを代行されるそうです。

-------------------------------------------------------------
追記(1月27日 3時)
昨夜、電話でDaveさんが話をされました。Shang-A-Lang ラジオショーは、昨日が最終回になりました。理由はDaveさんの体調が良くないことが筆頭なのですが、番組の人気が開始当初に比べて下がったということもあるそうです。何度か録音を聴いたのですが、私には全部はわかりませんでした。誰かに聞いて詳細が分かれば、追記したいと思います。
Daveさんが、日本の素敵なリスナーからのメッセージ、ロニーさん、レスさん、こんにちは、ありがとう、が楽しかったと言われてました。Daveさんがリクエストに「Sayonara」を選んでくださいました。日本のリスナーを最後まで大事にしていただいて、感謝で一杯です。

たまこさんが、ハルさんのリクエストがかかったことを教えてくださいました。ありがとうございます。私は聞き逃してしまいました。ほかの方のリクエストもかかっていますね。皆さん、ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------
追記(1月27日 21時40)
英語の先生の予約が取れて、Daveさんの話を聞いてもらいました。カナダの先生には聞き取り難いところがところどころあったのですが、解説してもらってDaveさんの言いたいことはよくわかりました。意訳ですが書かせていただきます。
Shang-A-Lang が始まった時はFBに2000のコメントがあったが徐々に減ってきて、番組を放送していても他のことをする人が増えてきた。番組当初は新鮮で素晴らしかった。番組の録音を頼まれるようになって、再放送は聞ける、でも生のラジオ放送はそうしたものではない、FBに参加して、リクエストを送って、聞くだけではないんだ。ファンフェストが終わってから考えていた、一歩進んで二歩さがってきていた。得に自分の体調がどうか考えている。レスリーと長く連絡を取り合っていないし、アンも去って別のことをしている。今、終わりの時だと思う。BCR放送局とは別に番組のために細かいこともしてきた。18か月間、いろいろと学んだ、得に日本のリスナーからは。。(略)リスナーのみなさん、18か月間、本当にありがとう。苦しくなってきたので、呼吸器をつけて休むよ。

アンさんはFBで別のグループを立ち上げましたが、SALから離れたわけではないそうです。
Daveさんの体調が良くなることを心から願います。今まで本当にありがとうございました。

-------------------------------------------------------------
追記(1月29日 12時40)
スティーブさんが番組の録音をアップしてくださいました。
こちらのリンクで聞いていただけます。
https://archive.org/details/BayCityRollerShow27thJan2015
スティーブさん、ありがとうございます!

posted by jirokayo at 21:49| Comment(26) | TrackBack(0) | Bay city Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Francois DOUCET(フランソワ・デュッセ) いちじくのチョコ

神戸大丸のバレンタインチョコ売り場で見つけた、Francois DOUCET(フランソワ・デュッセ)。

20150126 cho 1.jpg

小石やオリーブ、お豆の形をしたカラフルで美しいチョコレート。

20150126 cho 2.jpg

Coeur de figue、いちじくが入ったものを買いました。昨年発売されたそうです。
185g、1350円

20150126 cho 3.jpg

いちじくのジュレにチョコレートがコーティングされています。
美味しいので、他の種類も買いたいと思います。

20150126 cho 4.jpg

Francois DOUCET(フランソワ・デュッセ) の公式サイト
ラベル:フランス
posted by jirokayo at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

「ボルジア家の黄金の血」 フランソワーズ・サガン

『ボルジア家の黄金の血』- Le Sang doré des Borgia、フランソワーズ・サガン筆、鷲見洋一訳の本を読んだ。テレビドラマためにサガンが台詞部分を書いて脚本化され、後に小説としてこの本が生まれた。

20140125 livre.jpg

昨年、フランソワーズ・サガンの伝記映画(2008年制作)を観た。18歳で出版された処女作「悲しみよ こんにちは」が大ベストセラーになり、その後の波乱万丈、自由奔放に生きるサガンの姿は印象深かった。嫌悪感を持ちそうなぐらい、取り巻きに囲まれて遊び、何か生み出すために刺激を求め、結果数々の作品を残した。

アメリカドラマ「ボルジア家」を見ることになって、偶然この本を見つけた。サガンの原作なら読んでみようと思った。サガンの才能と翻訳者の力か、得に台詞部分がとてもわかり易く読みやすい。
内容はドラマとは違うが、ボルジア一族の美しさ、野望、愛欲を描いているのは同じだ。本のナレーターは、ヴァチカンに置かれている法王の台座で、大昔から人々の信仰と背徳を見てきた歴史の証人に解説させている。

あとがきに訳者が、フランソワーズ・サガンの文章を引用している。
なぜボルジア家を選んだのか。彼らが腐敗し、残虐で、貧婪で、凶暴で、耽美的だからだろうか。いやそうではない。ボルジア家の人々は、若く、美しく、情熱的であり、とりわけごまかしをやろうとはしなかった。良識とか、世論への配慮とかが、当時はまだ流行っていなかったのだ。その無邪気な残虐行為、途方もない野心、つまりは体内に流れるたえぎるような血への服従によって、ボルジア家の人々は私にはこのましい存在なのだ。(サガン)

きっとサガンは、登場人物に自分と重なるものを感じていたのではないかと思う。
ラベル:フランス 映画
posted by jirokayo at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベイシティローラーズ、エリックのラジオ出演 & エリックの詩集発売!

ベイシティローラーズのエリックが、日本時間、1月26日5時からラジオ出演します。
英国の詩人、ロバート・バーンズの生誕と、カリンさんの番組“The Sunday Getherin's” の11周年の記念の特別番組だそうです。
TD1 Radio (www.td1radio.com)
1月26日 5時-7時(UK時間 25日 20時-22時)

エリックの詩と散文集“AN EDINBURGH LAD”が発売されました。
ペーパーバック £25、ハードバック £30 の2種類があります。

20150125 eric book.JPG

詳細は下記のリンクを参照ください。
http://www.thearmyoflove.co.uk/#!an-edinburgh-lad/c7mb
*The Frontline に登録されている方は、FBページからお申し込みしてください。
posted by jirokayo at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay city Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

「アーマッドティー」 AHMAD TEA 神戸直営店

神戸三宮の「アーマッドティー」 AHMAD TEA の直営店で、紅茶とフルーツティを買いました。

20150124 tea4.jpg

アーマッドティーは1953年に創業し、英国サザンプトンで紅茶専門店を開業しました。

20150124 tea1.jpg

フルーツパラダイス、ブラッドオレンジを選びました。
各10個のティーパック、300円

20150124 tea5.jpg

ビッグペンの形をした缶はブレックファーストのティーパックが20個入ってます。
貯金箱になるように、ふたに穴が空いてます。

20150124 tea3.jpg

サンプルのティーパックをいただきました。
神戸のお店では紅茶教室が開催されています。

AHMAD TEA&GROCERY SHOP 神戸直営店
神戸市中央区御幸通5-1-21 富永ビル1F
ホームページ


posted by jirokayo at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

映画 「ニューヨークのパリジャン」Casse-tête chinois

先日、神戸シネリーブルで「ニューヨークのパリジャン」を観た。、原題は Casse-tête chinois 「中国のジグソーパズル」という意味。題に中国が入っているのは、舞台がニューヨークの中国人街に由来している。

20150123 film4.JPG

2002年のバルセロナを舞台にしたスパニッシュ・アパートメント(L'auberge espagnole)、2004年のサンクトペテルブルグが舞台だったロシアン・ドールズ(Les Poupées russes)に続く3作目になる。出演はロマン・リュディス、オドレィ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランス、ケリー・ライリー。

主人公のグザヴィエは40歳。イギリス人女性ウェンディとの間に2人の子供がいる。ウェンディは仕事先のニューヨークで好みの男性にめぐり会い、グザヴィエと別れて子供を連れてニューヨークに行くことを決心した。パパが大好きな子供達はグザヴィエに傍にいて欲しい。子供達のためにグザヴィエはニューヨークで暮らすことを決心する。が、定職もなく移民局からの滞在を認められず、困った末に中国人女性と偽装結婚をすることになる。

20150123 film1.JPG

フランスの子供はみなパパが大好きなのだと、フランスの友達に聞いた。働く時間が短いフランスでは、子育てや一緒に遊ぶ時間が沢山あるからだと思う。日本では父親と子供の絆がこんなに強いのは、私の世代では考えにくい。

20150123 film3.JPG

外国暮らし、父親、40歳、そんな状況の中でグザヴィエは本当の愛に気づくことになる。

20150123 film2.JPG

主演のロマン・リュディスは好みの俳優で、このシリーズも大変おもしろい。この「ニューヨークのパリジャン」は、とても楽しめて後味の良い内容だった。

ニューヨークのパリジャンの公式サイト
Casse-tête chinois (Allocineのサイト)

ラベル:フランス
posted by jirokayo at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベイシティローラーズ特集番組 Shang-A-Langが再開!

ベイシティローラーズの特集番組、Shang-A-Lang が次の月曜日(1月26日)から放送されます!
DJ Daveさんの体調は少し良くなったそうです。
リクエストはラジオ局のアドレスに送ってくださいとのことです。

Daveさんのメッセージ
Good news everyone .... The Shang-a-lang Radio Show will return this coming Monday 3pm - 5pm. Requests to BCR ONLY and NOT the Talk Talk email as it is not working.

Buchan Community Radio: http://www.bcrfm.com/
日時(日本時間):1月26日 24時〜26時
リクエスト先:mail@bcrfm.com
posted by jirokayo at 02:32| Comment(5) | TrackBack(0) | Bay city Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

群馬産の「ちぢみほうれん草」、甘いです☆

神戸コープで買った群馬産の「ちぢみほうれん草」、湯がいて食べてみたら甘くて驚きました。
ほうれん草嫌いで濃い味が好きな夫が、「何もつけなくても美味しかった!」と言ってくれました。

20150122 epinard.PNG

冬の寒さにさらす『寒じめ栽培』という方法で育てられていて、厚めの葉の表面に縮んだようなシワが入っているので「ちぢみほうれん草」という名前になっています。寒じめ栽培によって霜を当てることで、ぎゅっと葉が引き締まり、甘みが凝縮されるそうです。

posted by jirokayo at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

神戸北野坂 「ショコラ・リパブリック」のショートケーキ

神戸三宮、北野坂にあるフィナンシェで有名な「ショコラ・リパブリック」。生ケーキもありカフェで食べると、コーヒーは一杯無料でいただけます。

20150121 cake1.jpg

お店は22時まで開いています。

20150121 cake2.jpg

ケーキの種類はいろいろあり、選ぶのに悩みます。

20150121 cake3.jpg

いちごのショートケーキ、480円?ぐらいでした。ふわふわで美味しかったです。
コーヒーは濃くしっかりした味で好みでした。

ショコラ・リパブリック
神戸市中央区加納町4-8-7
ホームページ

ラベル:グルメ
posted by jirokayo at 14:52| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

フランス映画「オーケストラ」Le Concert(2009年)

映画「オーケストラ」原題:Le Concert を観た。お友達がフランス映画好きの私のために録画してくれたものだ。

20150120 film2.JPG

タイトルからシリアスな音楽映画だと想像したが、旧ソ連、ロシア社会から生まれたコメディシーンが多く、滑稽で笑ってしまう。監督・脚本はラデュ・ミヘイレアニュ、ユダヤ人でルーマニア出身、チャウシェスク独裁政権から亡命しイスラエル、フランスへと渡っている。ストーリーはユダヤ人への不当な差別で起こった悲劇を語っているが、最後はユダヤ人、ロマ人、ロシア人がひとつになって、ロシア作曲家チャイコフスキーのバイオリン協奏曲を奏で最高の瞬間を迎える。演奏シーンに巧みに過去と未来の映像を組み込み、パリのバイオリン・ソリニストとボリショイのオーケストラの縁を描いていく。演奏が終わったらソリストのアンヌ=マリーと同じように、観る側にも涙が流れていた。

20150120 film1.JPG

あらすじ(シネマトゥディより)
かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレ(アレクセイ・グシュコフ)は、今はさえない劇場清掃員として働いていた。ある日、出演できなくなった楽団の代わりのオーケストラを探しているというFAXを目にした彼は、とんでもないことを思いつく。それは、いまや落ちぶれてしまったかつての仲間を集めて楽団を結成し、コンサートに出場するというものだった。


20150120 film3.JPG
アンヌ=マリー役のメラニー・ロラン
「リスボンに誘われて」で、ポルトガル人の役を演じていた。

20150120 film4.JPG
左、指揮者アンドレ役のアレクセイ・グシュコフは、ポーランド人

posted by jirokayo at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かぜ予防にヨーグルトとりんご!?

2008年にブルガリアに行て以来、ヨーグルトはいつも「明治ブルガリアヨーグルト」を買っています。商品の公式サイトにヨーグルトを使ったレシピがあり、ワッフルやパン、スープなどを作ってみましたが、今はりんごにヨーグルトをかけて毎日食べるようにしてます。

20150120 yo1.jpg

この日は「R-1」シリーズのブルーベリーを買いました。
「R-1」シリーズは「強さを引き出す乳酸菌」ということで、免疫力が引き出されるそうです。
ただR-1シリーズはプレーンになれている私には甘いので、混ぜて食べました。

20150120 yo2.jpg

インフルエンザ、かぜが流行っているので、予防のためにも続けていこうと思います。
namiさんに教えていただいて、ありがとうございました。

明治乳業ヨーグルトのサイト

posted by jirokayo at 00:53| Comment(7) | TrackBack(0) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

ベイシティローラーズ、ウッディの「STUART WOOD COFFEE TABLE BOOK」

今朝ベイシティローラーズ、ウッディの本“STUART WOOD COFFEE TABLE BOOK”が届きました。

20150119 woody1.jpg

モノクロでシックな仕上がりの本です。

20150119 woody2.jpg

サインが入ってます。

20150119 woody4.jpg

右に写真、左にテキストが書かれています。

20150119 woody3.jpg

日本で撮影された写真も掲載されています。

STUART WOOD COFFEE TABLE BOOKはこちらのサイトで購入できます。
https://sites.google.com/site/stuartwoodywood/

posted by jirokayo at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Bay city Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

フランスのお土産いただきました。

先日会ったフランスのお友達から、お土産をいただきました。

20150118 ca.jpg

ヌガー、フォアグラ、チョコレートのパテ
どれも美味しそうで、楽しみですわーい(嬉しい顔)

ラベル:フランス
posted by jirokayo at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ 「その街のこども」

「阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ『その街のこども』」、というドラマの再放送を夜中にしていた。
新神戸や三宮が映っていて気になって見ていたら、内容もドキュメンタリーのようで面白い作り方だと思った。阪神・淡路大震災を経験した二人が反感を持ちながら本音の話をしていく。

20150118 nhkdrama.JPG
森山未來、佐藤江梨子 出演

ドラマ詳細
2010年1月16日、新神戸駅で偶然知り合った勇治(森山未來)と美夏(佐藤江梨子)。ふたりには、誰にも言えず、抱え続けてきた震災の記憶があった…。震災15年目の朝を迎えるまでの一晩の神戸を舞台に“語れずにいた想(おも)い”が不器用にあふれだす。脚本は映画「ジョゼと虎と魚たち」の渡辺あや。神戸で学生時代を過ごした渡辺、子どものころに震災を体験した森山未來と佐藤江梨子が、リアルな感情で挑む。

番組はこちらのリンクで観れます。
その街のこども 前半
その街のこども 後半

このドラマを見て、今日私も東遊園地に行こうと思いました。土曜日で沢山の方が来られてました。

posted by jirokayo at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベイシティローラーズ、レスリーテレビ出演のビデオ(2015年1月16日)

1月16日 21時35分(アイルランド時間) The Late Late Show にベイシティローラーズのレスリーが出演しました。レスリーの奥さん、ペコさんから番組のお知らせがあったので観たいと思っていたら、YouTubeにアップされていました。



いつもベース担当のサイさんが出演されていなくて、キーボードのスコットさんがベースを弾いています。スケジュールが合わなかったのでしょうか。

posted by jirokayo at 18:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスの友達と中華料理「第一楼」でランチ

フランス、リヨンのお友達と神戸三宮、旧居留地の北京料理「第一楼」に行きました。

20150116 ch 1.jpg

第一楼には夫の家族のイベントの時によく行きます。
20年前の阪神淡路大震災で倒壊し、1996年10月にリニュアルオープンしました。

20150116 ch 4.jpg

1階ホールは広くてゆっくり出来ます。

20150116 ch 2.jpg

小さな子供がいたので個室は有りがたく、料理も美味しくてサービスも良かったです。
料理の詳細は「食べ歩き放浪記」に掲載しています。

第一楼
神戸市中央区江戸町94
ホームページ
ラベル:フランス
posted by jirokayo at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする