2016年10月15日

松方コレクション展ー神戸市立博物館(2016年9月17日-11月27日)

神戸市立博物館で「松方コレクション展 -松方幸次郎 夢の軌跡-」が開催されています。
9月に友人と行きました。松方コレクションは東京国立西洋美術館で観てましたが、神戸縁の実業家の収集だとは知りませんでした。今回の展示会はお目当て作品をで感動するというより、控えめであたたかい作品に癒されたという印象でした。招いてもらった友人に感謝します。

20161015 painting8.jpg
松方コレクションについて(展示会公式サイトより)
第一次世界大戦下のヨーロッパで、美術とは無縁とも思える一人の実業家が、ヨーロッパで突然美術作品を買い集め始めます。その名は松方幸次郎。現在の川崎重工業の前身である川崎造船所の初代社長でした。巨万の私財を投じて集めたのは、モネやゴーギャンの絵画、ロダンの彫刻など約2000点、そして、浮世絵8200枚。世界最大級のコレクション収集の背景には、「日本人に本物の美術作品を見せたい」という実業家の強い使命感がありました。


松方コレクション展公式サイト
会期:2016年9月17日-11月27日
会場:神戸市立博物館

20161015 painting3.jpg
ジュール・バスチアン=ルパージュ
洗濯女


20161015 painting2.jpg
ダットリー・ハーディー
海の収穫


20161015 painting7.jpg
シャルル・コッテ
整体行列


20161015 painting1.jpg
ジョヴァンニ・セガンティーニ
花野に眠る少女(5月)


20161015 painting4.jpg
フゴー・ヴェルヘルム・カウフマン
人物


20161015 painting5.jpg
ウジェーヌ・カリエール
ガブリエル・セアイユと娘


20161015 painting6.jpg
イグナシオ・スロアガ
二人の女


ラベル:美術
posted by jirokayo at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック