2017年02月09日

スルバランの「聖アポロニア」、2月9日の聖人

2月9日は聖アポロニアの日。スペインの画家、スルバランの描いた聖アポロニアです。

20170209 sainte aponilla.jpg

スルバラン(Zurbarán1 598-1664年)の劇的で畏敬を放つ宗教画をたくさん見てきました。が、この聖アポロニアは当時のスペインの服を着て、華憐に描かれています。
アポロニアは、249年にエジプトのアレクサンドリアで殉教しました。歯を全て乱暴に引き抜かれたか、粉々にされるという拷問を受けたそうです。このために、アポロニアは歯科学や歯痛を患う者、歯に関する問題全ての守護聖人として崇敬されてきました。絵画では歯を引き抜くためのはさみ(時には歯)を手にした姿で描かれています。。イングランドでは、16世紀の宗教弾圧を生き延びた多くのカトリック教会の中に、52ものアポロニア像があるそうです。
ラベル:美術
posted by jirokayo at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック