2018年01月07日

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 〜ショパンと新世界〜(2018年1月6日)

1月6日、兵庫県立芸術文化センターで開催された「ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 〜ショパンと新世界〜」に行きました。

20180106 concert.jpg

指揮:ヤツェク・カスプシック
ピアノ: シャルル・リシャール=アムラン
管弦楽:ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
プログラム
パデレフスキ:序曲 変ホ長調
ショパン:ピアノ協奏曲 第1番
ドヴォルザーク:交響曲 第9番「新世界より」
アンコール
第1部:J.S.バッハ アリオーソ
第2部:ブラームス ハンバリー舞踊より 第1番 ト長調


行くのを迷っていたので、公演2日前にネットで4階の後ろから2列目の席を取りました。が、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団は2014年、大河ドラマ「軍師官兵衛」のサントラの演奏者だと知り、行く気満々になりました。「軍師官兵衛」は大好きで、サントラのCDも買って持っています。

期待以上に素晴らしい演奏でした。兵庫県立芸術文化センターのホールが木造りでとても良い響きなのですが、弦奏者が弓を動かした瞬間、その音に感動しました。

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団は1901年に設立され、1939年の第二次世界大戦勃発まで著名な作曲家や指揮者が招聘され、共演しました。が、第二次世界大戦中はヨーロッパ楽壇において名誉ある地位をほとんど奪われました。1955年にフィルハーモニーホールが再建され、ショパンやグレツキ、ルトスワフスキなど新旧の音楽の上演によって、ポーランド楽壇を洗練し磨きをかけ、権威あるレコード賞、グラミー賞を受賞するに至っています。

ピアニストのシャルル・リシャール=アムランさんはカナダ、ケベックの出身です。2015年ショパン国際ピアノ・コンクールで2位とベスト・ソナタ賞を受賞されています。同世代の中でももっとも重要なピアニストとして注目されています。

4階の後ろ中央よりの席から、シャルルさんの手、奏でる様子がよく見えました。淀みのない優しいぬくもり感じるショパン、ピアノ協奏曲でした。

公演後、一階の物販コーナーを見ると、CDが3枚しかありませんでした。買えばシャルルさんのサインが貰えるのですが、時間がかかりそうなので購入せずにホールを出ました。

20180106 charles san3.jpg

夫に公演が終わる頃に会場のある、西宮まで来てもらい夕食を一緒にすることになってました。以前から夫が行きたかった豚しゃぶのお店です。17時のディナータイムに合わせて店に入り、オーダーして座っていると、なんとピアニストのシャルルさんが入って来ました! とても驚きました! が、これはサインをいただかなければ、とプログラムとペンを持っていき、声をかけさせていただきました。

20180106 charles san.jpg

厚かましいので、写真も撮っていただきました。シャルルさんはケベック出身なので、フランス語でお話ししました。シャルルさん、とても優しくて素敵な方でした。「関西地方にまた来て欲しい」、と言うと「もちろん! 日本が大好きなので来ますよ」、と答えてくれました。一緒におられた日本人男性が「5月にシンフォニーホールで公演がある」、と教えてくださいました。

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団は札幌、愛知、福島、新潟、東京公演後、韓国に行きます。シャルルさんは8日、岡山でリサイタル、愛知でワルシャワフィルと共演後、東京でリサイタルです。

素晴らしい演奏、そしてサインをありがとうございました! 日本ツアーの大成功を祈っています!
ラベル:音楽 ポーランド
posted by jirokayo at 02:24| Comment(2) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
香代子さん、みなさん、今晩は。

香代子さん、驚きました。

お店に入って来られたのですか、感動されたあとに、シャルルさんとゆうご本人とご一緒できるなんて興奮してしまいますね。
フランス語でお話しもされて、お勉強されている甲斐があります。

一年間近く前のビルボードで再会できたアレックスの時ぐらい私までドキドキしてしまいました。香代子さんの引き寄せの力は凄いです。
Posted by rino at 2018年01月07日 02:59
みなさん、こんばんは

rinoさん、本当に驚きました。
ポーランドは2回訪れた国で、ワルシャワ国立フィルの演奏を聴いてみたいと思いながら、今年も沢山の出費をひかえているので、決心がつきませんでした。2月にラトビア出身の音楽家のコンサートがあり、そのチケット購入手続きの時にも戸惑ってしまい途中で操作をやめてしまったのです。そしたらチケットオフィスから電話がかかってきて、「チケットが取れたまま保留になっているので、もしチケットが要るなら、オフィス(ホールにある)に引き取りに来るか、コンビニで発券するかになります」、と言われました。引き取りに行くなら公演を観た方が良いな、とあのアレックスに合えた時と同じロジックになったのです。ワルシャワ国立フィルを調べると、軍師官兵衛のサントラを演奏しているとわかり、CDを引っ張りだしてかけてみました。曲も良いのですが、演奏も良いのです。それで行くことになりました。
専門的な知識も表現も分かりませんが、演奏は素晴らしかったです。ワクワクしながら「新世界」を聴きました。
シャルルさんのことは調べてなく申し訳なかったのですが、すごいピアニストさんでした。会場でCDを買わなかったので、アマゾンで注文しました。5月のリサイタルのチケットも、もう2割ぐらいしか席残ってなかったです。シャルルさんはお人柄がとても良くて、演奏にも出ています。CDの到着が楽しみです。

シャルルさんにサインしてもらったペンはビルボードライブのもので、レスリーのライブの時にアンケートについていたものです。アンケート書かずにボールペンを持って帰ってくるって、どういうこと? と反省しています(笑)

大したことは話せなかったのですが、フランス語が役に立ってよかったです。そろそろフランス語は辞めようかと思っていたのですが、やっぱり続けることにします。

長々とすいませんでした。最後まで読んでいただいて、ありがとうございます(*^^*)
Posted by かよこ at 2018年01月07日 03:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。