2017年11月19日

神戸国際会館、坂本冬美コンサート 2017-2018

11月18日 神戸国際会館の坂本冬美さんのコンサートに行きました。2年2か月ぶりの神戸公演で、久しぶりに冬美ちゃんの熱唱、明るいトークが聞けて、とても楽しかったです。詳細は夫ブログ「二郎余話」に掲載しています。
「人生の応援歌、隠れた名曲です」と言って、『風に立つ』で閉めました。



ラベル:音楽
posted by jirokayo at 01:56| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

3大協奏曲 〜次世代を担う未来の巨匠たち〜、シンフォニーホールし(2017年10月14日)

10月14日 大阪シンフォニーホールで「3大協奏曲 〜次世代を担う未来の巨匠たち〜」が催されました。

20171019 concert.PNG

[ヴァイオリン]松田理奈
[チェロ]横坂 源
[ピアノ]関本昌平

[指揮]飯森範親
[管弦楽]日本センチュリー交響楽団
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 op.104
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 op.23

友人の代わりに急遽行くことになりました。左前方のピアニストの手元がよく見える良い席でした。ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、それぞれ人気協奏曲をぜいたくに聴かせていただきました。シンフォニーホールの音の響き、得に弦楽器が美しさに感動しました
シンフォニーホールはこの日35周年記念で、ほぼ満席状態でした。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 02:34| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

「謎の変奏曲」橋爪功、井上芳雄の二人芝居、サンケイブリーゼ(2017年9月30日)

9月30日に大阪サンケイブリーゼの催された芝居、「謎の変奏曲」を観ました。
出演は橋爪功さん、井上芳雄さんの二人で、どんな展開になるのか、どきどきして過ごしました。原作のエリック=エマニュエル・シュミットは「100歳の少年と12通の手紙」原題 Oscar et la Dame rose の作者で、以前このブログにも掲載しました。(記事:http://kayokodiary.net/article/387856939.html
どちらも手紙をツールに使う物語、うまい作品です。橋爪功さん、井上芳雄さんの素晴らしい演技はもちろん、ユーモアもカーテンコールで見せていただきました。

20170930 piece.PNG

謎の変奏曲
作:エリック=エマニュエル・シュミット
翻訳:岩切正一郎
演出:森新太郎
出演:橋爪功、井上芳雄


公演のホームページより
この作品は『エニグマ変奏曲』(原題:「VARIATIONS ENIGMATIQUES」)として1996年フランス・パリにて初演されました。フランス演劇界注目の作家エリック=エマニュエル・シュミット作、アラン・ドロン主演での上演は大好評を博し、以来世界各国で上演されています。シュミットは、イギリスの国民的作曲家サー・エドワード・エルガー作曲「エニグマ変奏曲」の未だ解明されていない二つの主題の“謎”を巧みにモチーフとして使い、二人の男たちによる見事な会話劇を完成させました。
物語:ノルウェー沖の孤島で、一人暮らしをしているノーベル賞作家アベル・ズノルコの許へ、地方新聞の記者と名乗るエリック・ラルセンという男がやってくる。ズノルコの最新作、恋愛小説「心に秘めた愛」についての取材のためだ。ラルセンは、屈折したズノルコに手を焼きながらもインタビューにとりかかる。
ある男と女の往復書簡に実在のモデルは存在するのか? なぜ突然ぷっつりと、この手紙のやりとりは終わってしまったのか? 記者嫌いのズノルコが特別にラルセンの取材に応じた理由とは? ズノルコにとっての愛とは?
すべてが謎であった。
まさに白夜が終わり、夜の季節に移り変わろうとするその日の午後、こうしたラルセンの意味ありげな質問は続き、やがて二人をめぐる衝撃的な真実が次第に明かされていくのであった。

posted by jirokayo at 22:56| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

『デュランデュラン』大阪公演の写真です☆(2017年9月22日)

9月22日、オリックス劇場で開催された『デュランデュラン』のコンサート。お写真をmiyaさんが送ってくださいました。ありがとうございます!! 青文字はmiyaさんのお話しです。

9月22日オリックス劇場での『デュランデュラン』のコンサートに行って来ました。

20170922 concert miya1.jpg

20歳前後によく聴いていた『デュランデュラン』
9年ぶりの来日とあって大阪公演は、ソールドアウト。

20170922 concert miya2.jpg

30年以上経ったのに、メンバーも格好良くて、特にボーカルのサイモンは、渋みが加わり?ステキでした。

20170922 concert miya5.jpg

新旧色んな曲を織り交ぜて、舞台演出も素晴らしくて、また、ファンの皆さんの盛り上がりもすごくで、とっても元気になれた楽しいライブでした。

20170922 concert miya4.jpg

何より、当時聴いていたグループが、今も元気で活動していて、来日してくれることが、嬉しいです。

20170922 concert miya3.jpg

座席は、後ろに近かったのですが、本当に、楽しかったので、見にくいですが、雰囲気だけでも、少し写真お送りしますねー。




ラベル:音楽
posted by jirokayo at 23:52| Comment(9) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

芦屋サロンクラシック、安田英主さんピアノリサイタル(8月20日)

8月20日 芦屋サロン・クラシックで、安田英主(やすだ ひでかず)さんのピアノリサイタルが催されました。

20170820 concert3.jpg

演奏曲
マルチェロ:バッハ 協奏曲 ニ短調 BWV 974(マルチェロのオーボエ協奏曲)
バッハ: イタリア協奏曲 ヘ短調 BWV 971
プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番 変ロ長調 作品83 「戦争ソナタ」
アンコール
ヴィヴァルディ、カバレフスキーの曲


20170820 concert.jpg

安田英主さんの略歴
1989年生まれ 宮崎県宮崎市出身。桐朋学園に在学中、18歳でパリ国立高等音楽院(コンセルヴァトワール)に、首席合格され。 同音楽院学士課程を、国家資格のディプロマを取得して修了。 2011年秋より同音楽院修士課程在籍。 ジャック・ルヴィエ、青柳晋、松村英臣の各氏に師事されています。


20170820 concert2.jpg

サロンの空間で聴くピアノはとても贅沢で、安田さんの軽快に動く手元をじっくり見れました。プログラム前半は宮廷音楽を感じるイタリア風バロック曲、後半はプロコフィエフの「戦争ソナタ」にスターリン統治下のソ連に思いを巡らせました。安田さんは2日前にフランスから帰国されたそうですが、お疲れの様子もなく軽やかでかつダイナミックに奏でておられました。11月8日に東京、白寿ホールで文化庁芸術祭参加公演を行われるそうです。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 22:58| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

「おんな城主 直虎」コンサート 〜戦う花・直虎の愛〜(8月13日放送)

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を表現したコンサートが5月、浜松アクトシティで催され、8月13日にBSプレミアムで放送されました。

20170818 naotora2.png

小野政次役の高橋一生さん、幼いころの直虎・おとわ役を演じた新井美羽さん、直虎の大叔母役の花總まりさんが出演しました。ゲストに藤井フミヤさん、ピアニストの塩谷哲さんが登場し、〜戦う花・直虎の愛〜 というコンサートテーマ、直虎をイメージした曲を披露されました。セントラル愛知交響楽団の演奏、角田鋼亮氏が指揮でした。

20170818 naotora1.png

宝塚出身の花總まりさんはもちろん、新井美羽ちゃん、高橋一生さんも歌いました。楽しいいトークもあり、華やかなコンサートでした。

20170818 naotora3.PNG

小野政次の最期が近いのか? と、先週のドラマを観て思い悲しくなりました。5月に井伊家ゆかりの地を巡った時に、小野家の墓に行ってないことに気が付きました。その時は大きな案内がなかったのですが、政次役の高橋一生さんの好演で小野家は注目され、今は訪れる人が多いのではないかと思います。ドラマが盛り上がってきたところに、このコンサートが見れて良かったです。

浜松の井伊家ゆかりの地の記事:2017年5月 井伊家紀行 浜松 目次
二郎余話(紀行)カテゴリ;おんな城主直虎 紀行
おんな城主 直虎のホームページ
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 23:59| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

ざこば師匠、涙の復帰-新神戸オリエンタル劇場「桂ざごば・南光ふたり会」

7月29日 新神戸オリエンタル劇場で「桂ざごば・南光ふたり会」が催されました。5月に脳梗塞で倒れたざこば師匠ですが、舞台挨拶に来られました。

20170729 zakoba.JPG

舞台で一礼をして顔を上げた瞬間、涙がどーと流れてきました、と師匠が言われました。お客さまの前に出れることの幸せを痛感されているのだと思いました。31日に正式に退院され、本格復帰に向けリハビリを続けられるそうです。

SANSPO.com記事:脳梗塞から2カ月…桂ざこば、涙の仕事復帰!米朝襲名に名乗り?

20170729 rakugo.jpg

2人会の落語の内容は夫ブログに掲載しています。二郎余話:2017年7月29日(土)ざこば・南光ふたり会 昼の部

posted by jirokayo at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ポール・マッカートニー“One on One Tour”シカゴ公演(2017年7月26日)の写真です☆

ポール・マッカートニーの“One on One Tour”、7月26日のシカゴ公演のルポをTerryさん(シカゴ駐在中)が送ってくださいました。
青字はTerryさんの解説です。

20170725 paul con1.jpg

シカゴは暑かったり涼しかったり、激しい雷雨があったりですが、日本ほどではありません。そんな中、昨晩、Paul McCartneyのLiveに行ってきました。外国人ばかりでしたが超満員で、芝生のところも埋め尽くされていました。

20170725 paul con2.jpg
Hollywood Casino Amphitheatre

どこでも開演が遅れるのは普通のことで、昨日は20時過ぎに始まりました。熱唱を続け終わったのは23時過ぎでした。Paulはいつも3時間です。

20170725 paul con3.jpg

まさに老若男女が集うLiveで偉大さを感じました。Paulもだいぶお年を召されましたが、まだまだ元気ですね。

20170725 paul con4.jpg

Band メンバーもほとんど変わらず、息もぴったりです。

20170725 paul con5.jpg

Beatles時代やWings時代の曲はとても盛り上がり2時間以上はそれらの曲ですが、ソロの曲も何曲かやります。本人も「みんな何が好きなのかわかってるけど、やるんだ。」と言っていました。

20170725 paul con6.jpg

やっぱり、Let It BeとHey Judeが盛り上がりましたね。

Terryさん、貴重な写真を送っていただいて、ありがとうございます
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 19:58| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ビルボードクラシック、藤井フミヤ meets 西本智実(2017年5月 大阪フェスティバルホール)

5月17日、「ビルボードクラシック 藤井フミヤ meets 西本智実コンサートが大阪フェスティバルホールで催されました。

20170517 concert1.jpg

歌 藤井フミヤ
指揮者 西村智実
演奏 兵庫芸術文化センター管弦楽団

前半、後半とも8曲づつ、アンコールは2曲で計18曲でした。

演奏曲
20170517 concert2.jpg

ビルボードからのの公演案内メールはいつもざっと見ているのですが、このコンサートは是非行きたい!と思い、すぐにチケット購入しました。3階の右側よりの席でしたが、オーケストラの演奏が立ち上ってきて美しく耳に届きました。藤井フミヤさんの魂がこもった歌は、生きることのすばらしさ、音楽のすばらしさを感じました。演奏を率いる西村智実さんは大阪出身、サンクトペテルブルクでチャイコフスキーの卒業校で学ばれたそうです。美しくかっこ良く、フミヤさんとのトークも楽しかったです。
この日は締切前で忙しく、普段着で出かけ到着もぎりぎり、公演が終わるとホール中を走って帰りました。公演の余韻に浸る間がなかったですが、行けて本当に良かったです。来年もこの企画があれば、ぜひ行きたいと思います。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

神戸クロスイベント078、ジプシージャズのBimBomBam楽団が出演☆

5月6日-7日、神戸で開催されているクロスイベント、078kobe.jpは3会場でさまざまな催し行っています。
078kobe.jpのサイト

20170506 078-1.jpg

6日、Music & Food Patry の、生演奏を聞きながら食事や飲み物を楽しむという企画に行ってきました。

20170506 078-2.jpg

前半のアーティストは大竹創作さんフィーチャリング、 門田”JAW”晃介さん。後半はジプシージャズバンド、BimBomBam楽団が登場しました。

20170506 078-8.jpg
大竹創作さん、門田”JAW”晃介さん

20170506 078-9.jpg
BimBomBam楽団

スペインのガイド、摩也さんからお薦めいただいた、ジプシージャズバンドBimBomBam楽団、とても盛り上がった演奏でした。今月発売されるニューアルバムから2曲を披露してくれました。



ラストの曲をビデオに撮りました。
BimBomBam楽団は全国入場無料ツアー実現のプロジェクトを立ち上げています。支援の詳細は下記のリンクに掲載しています。
BimBomBam楽団の全国ツアー『Be Free』を全会場入場無料で開催したい

20170506 078-3.jpg

縦に長い会場にたくさんの方が音楽と食を楽しんでいました。

20170506 078-6.jpg

レトルトで珍しいカレーを売っていました。

20170506 078-4.jpg

カナッペ、揚げ物の中はカレー風味で珍しい味がしました。

20170506 078-7.jpg

車だったので、アルコールではなく、エナジードリンクをいただきました。

20170506 078-5.jpg

明日7日もイベントは続きます!
BimBomBam楽団は東遊園地、16時-17時まで登場します。
スガ部 & BimBomBam楽団


ラベル:音楽
posted by jirokayo at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

トマシュ・ベトカ&横山起朗のピアノコンサート、旧グッゲンハイム邸(2017年4月7日)

ポーランド在住ピアニスト、トマシュ・ベトカさんと横山起朗さんのコンサートが、神戸塩屋の旧グッゲンハイム邸で4月7日に催されました。

20170407 concert1.jpg

この公演に来るきっかけになったのは、旧グッゲンハイム邸についての書籍をお友達のmiyaさんが紹介してくれたことと、ポーランド在住のピアニストの演奏が聴けるということでした。

20170407 concert2.jpg
あちこちに傷のあるグランドピアノ。

20170407 concert3.jpg

ポーランドはショパンの母国。音楽はとても盛んで質が高いと思っているのですが、期待どおりお二人の演奏は素晴らしかったです。グッゲンハイム邸の建築の効果なのか、演奏家の技量なのか、最初の一音を聴きその美しさに驚きました。

20170407 concert7.jpg

演奏曲はそれぞれのアルバム曲から選ばれたもので、演奏前に説明がありました。横山さんは普段は英語、ポーランド語で曲説明をしているので、今日はとても話しやすいと言われてました。
横山さんのお友達の江田ヤマトさんが、バイオリンで参加し合計3曲、アンサンブルの演奏も聴かせていただきました。

20170407 concert6.jpg

トマシュ・ベトカさんは控えめで穏やかな感じの良い方です。演奏を聴きながら、数年前のポーランド旅行のことがいろいろと思い浮かんできました。“ジンクエン”、ポーランド語のありがとう、を思い出しました。ポーランドの人たちは押しつけがましくなく、さりげなく親切な人が多かったです。

20170407 concert5.jpg

横山さんは宮崎出身で、言葉のアクセントがなかなか抜けないと言いながら曲説明されました。コンサート後「今日はどうもありがとうございました」、と気さくに丁寧に声をかけていただいて恐縮しました。が、すぐに厚かましくなり、ベトカさんとのツーショットを撮らせていただきました。(お話ししているところ割り込んで、すいませんでした!)

20170407 concert4.jpg

音楽の専門知識も良い耳もない私ですが、演奏者の人柄が美しい音を作るのはわかります。パソコン漬けの日々に癒しをいただきました。素敵な演奏、ありがとうございました。

この“Cherry Blossom Japan Tour 2017”は神戸が皮切りに、全国9か所で行われます。多くの方に聴いていただけますように!お二人の演奏はツアーのホームページで聴けます。

Cherry Blossom Japan Tour 2017
詳細:http://www.suku2089.com/
4/7.金 神戸 旧グッゲンハイム邸
4/8.土 奈良 sonihouse
4/15.土 東京 sonorium
4/16.日 金沢 shirasagi/白鷺美術
4/18.火 盛岡 岩手県公会堂21号室
4/19.水 秋田 "studio"
4/20.木 静岡 淡島ホテル
4/22.土 宮崎 Salle Mandjar
4/25.火 福岡 Benir Cafe

20170407 concert8.jpg


ラベル:音楽
posted by jirokayo at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

アカペラグループPermanent Fish、天王寺と神戸で無料ライブ☆(3月11日,12日)

神戸のアカペラグループ、Permanent Fish(パーマネントフィッシュ)がこの週末、天王寺と神戸で無料ライブを行います。

20170311 perfish.JPG

アベノ・天王寺〜アカペラTOWN スプリングライブ
日時:3月11日(土) 12時〜16時30分
会場:大阪・天王寺公園エントランスエリア『てんしば』&あべのキューズタウン
詳細:https://www.abeno-tennoji.jp/spring2017/index.html

そごう神戸店アカペラスプリングライブ 2017
日時:3月12日(日) @13:00〜 A15:00〜
会場:そごう神戸店2階サンファーレ広場
出演:Ami(福島)、SOREGA Theatre(神戸)、Permanent Fish

20170311 perfish2.JPG
サンファーレ広場、そごう2F北側、陸橋の側です。

Permanent Fishの曲は下記のリンクで聞けます。
https://youtu.be/QOeyWJhyItQ?list=PLp355yafQT62gmBSLM_lBp71NzB0KbHDW

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

「名手たちの交響楽団 ニューイヤーコンサート」兵庫県立芸術文化センター(1月4日)

1月4日、兵庫県立芸術文化センターで、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラによる「名手たちの交響楽団 ニューイヤーコンサート」が催されました。

20170104 concert.jpg

指揮:大友直人
ピアノ:横山幸雄
管弦楽:ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ
プレトーク:三枝成彰
曲目:オール、チャイコフスキープログラム
幻想序曲「ロメオとジュリエット」
ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
交響曲 第4番 ヘ短調 作品36 (演奏曲順未定)
アンコール:くるみ割り人形、花のワルツ


ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラは東京、大阪など国内有数のオーケストラからコンサートマスター、主席奏者を中心に編成されています。芸術文化センターの2階の隅にも音が浮き上がってくる、その美しい音色に感動しました。ピアノに横山幸雄さんは貫禄と余裕のある演奏で、厳かな協奏曲を聴かせていただきました。交響曲第4番は各楽章に特徴があってわかりやすく楽しめる曲で、最後とても盛り上がり、新年を祝うにふさわしかったです。プレトークで三枝成彰さんの説明で、チャイコフスキーの人生がより詳しくわかりました。指揮の大友直人氏はいつもスマート、演奏後は各パーツ毎に奏者を称えていました。新春に素晴らしい演奏、ありがとうございました。
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

神戸国際会館、第九コンサート(2016年)

12月23日、神戸国際会館ホールで第九のコンサートが催されました。

20161223 concert.JPG

<指揮>山下一史
<演奏>大阪フィルハーモニー交響楽団
<独唱>石上朋美(ソプラノ)、竹本節子(アルト)、二塚直紀(テノール)、三原剛(バリトン)
<合唱>
混声合唱団はもーるKOBE、Ensemble Aqua Pure、神戸室内合唱団、明石グリーンリーフ、宝塚混声合唱団、メンネルコール―好っきゃねん―、Ladies Vocal Society、神戸女学院大学有志合唱団、兵庫県立神戸高校合唱部OB合唱団、神戸国際会館合唱団
<曲目>
ベートーヴェン/劇音楽「エグモント」序曲
ベートーヴェン/交響曲第9番 ニ短調 「合唱付」 作品125


アンコールに「きよしこの夜」が演奏されました。今年の年末もベートヴェンの名曲を生演奏で聴けて、とても幸せです。夫が早めにチケットを購入したので、良い席を取ってもらえました。合唱の方々の歌い終えた喜びと誇りを感じます。合唱の指揮をされている矢田正一氏が演奏後に舞台に出てこられ、合唱者の皆さんをたたえる様子にいつも感動します。今年も良い演奏を聴かせていただきました。ありがとうございます。

2015年の第九コンサートの記事
2014年の第九コンサートの記事
2013年の第九コンサートの記事
posted by jirokayo at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

ジプシージャズ BimBomBam楽団-クリスマス大阪公演☆

12月7日に大阪、京橋BERONICAでジプシージャズのBimBomBam楽団のクリスマス公演がありました。

20161207 osaka11.jpg

京橋のベロニカ、ホール入り口、トイレがとても凝ったクラブです。

20161207 osaka2.jpg

BimBomBam楽団の演奏、良かったです! トランペット、バイオリンが交互にメロディーを奏で、アコースティックギターの美しい優しい音色が加わり、深くリズムを刻むベース、ドラム・パーカッションで繊細でダイナミックな演奏でした。観客はお若い方が多くて、気が張らない雰囲気でとても楽しめました。

20161207 osaka10.jpg

お友達が撮影したビデオです。



セットリストです。一部と二部に分かれていました。

20161207 osaka8.jpg

最新CD「雪夜物語」を買いました。

20161207 osaka12.jpg

このBimBomBam楽団の公演は、スペイン、ビルバオのガイド畑山摩也さんから勧められました。ジプシージャズ、初めて聞きましたが、本当に楽しかったです。ありがとうございました(*^^*)
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

福間洸太朗「シャンソンのエスプリを」-大津フィガロフォール

12月5日、滋賀県大津市のフィガロホールで福間洸太朗さんの「シャンソンのエスプリを」、ピアノコンサートが催されました。

20161205 concert.jpg

[プログラム]
ドビッシー:レントより遅く
サティ:ジムノペディ第1番 / ジュ・トゥ・ヴ(編曲:福間洸太朗)
フォーレ:8つの小品集 Op.84より 第5番即興曲 第8番 ノクターン…他

20161205 concert2.jpg
フィガロホールは収容人数100人の美しいサロンホール

プログラムはシャンソンの名曲に加え、ドビュッシー、フォーレ、プーランク、ラベルなどのフランス作曲家の作品でした。ワイセンベルク編曲、シャルル・トルネの曲の楽譜入手のエピソードのお話しがあり、大変貴重なスコアを情熱と知性の美しい演奏で聴きました。最後の「ピアノのためのシャンソンメロディー」は10作品を編曲されたもので、楽曲名は12月19日、エディット・ピアフの誕生の日に福間さんのブログで発表するそうです。

11月にフランスに旅行をし、久しぶりにフランスの文化に触れました。柔らかなフランス語の響き、きらきらと光る川面の輝き、ぶどう畑を吹き抜ける風、美味しいワインにお料理、美しい風景と豊かな文化を持つフランスから生まれてた音楽はやはり素晴らしいのだと、福間さんの演奏を聴きながら感じ入っていました。
神戸から大津まで車で行きましたが、美しい演奏の余韻にひたり無音で運転して帰りました。とても幸せな時間をいただいて、演奏者はもちろん、主催者やスタッフの方々、大津まで同行してくれた夫に感謝いたします。
ラベル:フランス 音楽
posted by jirokayo at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

福間洸太朗さんピアノリサイタル-高槻の摂津響Saal(10月22日)

福間洸太朗さんピアノリサイタル、「三大楽聖のキセキ」Vol.2 〜幻想〜 が、10月22日に摂津響Saalで催されます。

20161021 concert1.JPG

摂津響Saal(大阪府高槻市原104-95)
10/22(土)15:00開演 14:30開場
「三大楽聖のキセキ」Vol.2 〜幻想〜
モーツァルト/幻想曲ニ短調Kv.397、幻想曲ハ短調Kv.475
ベートーヴェン/幻想曲Op.77、幻想風ソナタ「月光」Op.27-2
シューベルト/グラーツ幻想曲D.605a、さすらい人幻想曲 D.760
最前列指定席 ¥5,000
2列目以降自由席 ¥4,000


10月21日、芦屋サロンクラシックで同じプログラムのリサイタルに行きました。素晴らしかったです。
福間洸太朗さんはベルリン在住で主にヨーロッパ、日本で演奏活動をされています。関西では10月29日 大阪いずみホール、12月5日 大津フィガロホールでそれぞれ異なったプログラムでリサイタルを行うそうです。

posted by jirokayo at 02:25| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

会所幹也 ギターリサイタル(9月4日 京都青山音楽記念館)

ギタリスト会所幹也氏のリサイタルが9月4日、京都青山音楽記念館バロックザールで催されます。
会場:京都青山音楽記念館バロックザール
時間:2016年 9月4日(日)14:00開演(13:30開場)
演奏曲
◆リョベート/ソルの主題による変奏曲 Op.15
◆ボクダノヴィッチ/6つのバルカン・ミニチュア
◆アグアド/序奏とロンド Op.2-2
◆武満 徹/すべては薄明のなかで
◆タレガ/アルハンブラの思い出
◆ウルクズノフ/ソナタ 第1番
リサイタルの案内サイト

20160904 concert.JPG

会所氏の演奏は8月12日、神戸のPIA Julien(ピアジュリアン)のリサイタルで聴かせていただきました。言葉で表現できない音の世界、繊細にアクティブに音色が変わっていきます。古楽器リュートのために書かれた曲は、16世紀ヴェネツィアを想像しながら聴きました。ウルクズノフのソナタ第一番、演奏前に作曲家がパリ在住のブルガリア人であること、奥さんは日本人のフルート奏者であること、曲の特徴を解説してくださいました。会所氏はウィーンを中心に活動されていますが、今回神戸で貴重な演奏とお話しが聴けました。主催しご案内をいただいたお友達の宮地詠子さんに感謝いたします。

20160904 concert3.jpg

8月12日、神戸のPIA Julien(ピアジュリアン)で

20160904 concert2.jpg

会所幹也さんと宮地詠子さんのデュオ

会所会所幹也さんのプロフィール詳細続きを読む
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

ベルリン古楽アカデミー・オーケストラ「ヴェニスの夏の夜の夢」

6月24日 兵庫県立芸術文化センターで、ベルリン古楽アカデミー・オーケストラの「ヴェニスの夏の夜の夢」が催されました。

20160624 concert.JPG

管弦楽:ベルリン古楽アカデミー・オーケストラ
バロック・オーボエ: クセニア・レフラー
ソロ・ヴァイオリン、コンサートマスター:ゲオルク・カルヴァイト

プログラム
ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 ハ長調 RV114
ヴィヴァルディ:オーボエ協奏曲 ハ長調 RV450
カルダーラ:シンフォニア 第12番「我ら主イエスの受難」
アルビノーニ:5声のソナタ イ長調 op.2-3
ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 RV522(「調和の霊感」より)
テッサリーニ:序曲 ニ長調(「ラ・ストラヴァガンツァ」op.4より)
A.マルチェッロ:オーボエ協奏曲 二短調
ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 変ロ長調 RV364 Anh.18
アンコール
マルチェッロ:「コンチェルト・グロッソ イ長調」 アーダジョ
ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 チャコーナ(シャコンヌ) 


リサイタルや室内楽、ジャズなどの小編成で使う「神戸女学院 小ホール」は舞台を客席が取り囲むアリーナ形式のホールで、13人によるイタリアンバロックは心地よく耳に入ってきました。バロック・オーボエ、オルガン、リュートのは音色は柔らかく、ダイナミックなバロック曲に繊細さが聴き取れて楽しく思いました。ヴェニスの夏を想像して聴ききました。コンサートマスターのゲオルク・カルヴァイト氏のヴァイオリンソロ、クセニア・レフラーさんのオーボエソロ、素晴らしかったです。

posted by jirokayo at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

大阪フィルハーモニー 神戸特別演奏会(2016年6月2日)

6月2日、神戸国際会館で「大阪フィルハーモニー 神戸特別演奏会」が催されました。

20160602 concert.JPG

<指揮>井上道義
<独奏>大萩康司(ギター)
<演奏>大阪フィルハーモニー交響楽団
<曲目>
シャブリエ/狂詩曲「スペイン」
ロドリーゴ/アランフェス協奏曲
ムソルグスキー(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」
アンコール
ソリスト:ローラン・ディアス/タンゴ・アン・スカイ
オーケストラ:ラヴェル/ボレロ


スペインとロシアの名曲を楽しめました。ホールの自主公演でないためか宣伝が目立たなくて、気が付いたのが間際でした。3階の中央席だったので、プログラム後半の「展示会の絵」では約100名の奏でる音が立ち昇ってきて、生演奏の迫力に感激しました。前半のスペインの曲はアランフェス協奏曲の第2楽章以外、明るいエキゾチックで軽快に聴けました。ギターソリストの大萩康司氏のアンコール曲、タンゴ・アン・スカイも良かったです。井上道義氏の指揮はダイナミックで、アンコールのボレロの紹介と演奏はサプライズがありました。
この日も頭にもやがかかっているような状態でしたが、演奏会後は頭がすっきりして元気になってました。音楽は健康にもつながると再認識です。素晴らしい演奏会を催していただいたことに感謝します。

posted by jirokayo at 10:43| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする