2018年04月12日

伝説のヒーロー、島津義弘を辿る「関ケ原戦跡踏破隊」

4月11日放送の「歴史秘話ヒストリア」は、関ヶ原で敵の大軍に血路を切り開き、故郷、鹿児島へ帰った「戦国最強クラス」武将・島津義弘の話でした。
番組ホームページ 「歴史秘話ヒストリア 伝説のヒーロー 島津義弘」

20180412 shimazu1.jpg

大変な人格者、知恵の持ち主で薩摩藩の精神的支柱、礎を作った武将です。毎夏に鹿児島から「関ケ原戦跡踏破隊」として、関ヶ原の戦いで敗れた島津藩が鹿児島へ帰ったルートを辿る活動がされています。

20180412 shimazu2.jpg

2014年に関ケ原、島津義弘の陣地跡で撮った写真です。

20180412 shimazu3.jpg

昭和35年から続いている「関ケ原戦跡踏破」に参加された方のお名前が刻まれています。

20180412 shimazu4.JPG

歴史秘話ヒストリアでも最後に紹介されていました。

20180412 shimazu5.JPG

現代の子供たちが先人の生き方を学んで欲しいという取り組みです。

20180412 shimazu6.JPG

暑い中、山道を歩く子供たち。
偶然見た番組でしたが、とても良かったです。鹿児島の人たちが強く優しい理由がわかったような気がしました。

posted by jirokayo at 12:13| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

11月10日、マルティン・ルター生誕の日

今日、11月10日はマルティン・ルター(1483-1546)の誕生日です。ルターが1517年10月31日に『95ヶ条の論題』をヴィッテンベルクの教会に掲出してから丁度今年が500年になり、昨年からルター関連のイベントがドイツあちこちで行われています。先月私たちがドイツ、ハンブルグに到着して街を散策していると閉まっている店が多くて、「今日は祝日かしら?」と話していました。それが10月31日、ルターが『95ヶ条の論題』を提出し、ローマ・カトリック教会から分離しプロテスタントが誕生となった縁の日でした。

20171110 Luther.jpg

翌日、11月1日にガイドさんにハンブルグを案内してもらいました。聖ペトリ教会にあるマルティン・ルターの肖像画、白鳥と一緒に描かれています。白鳥はルターのシンボルですが、ルターと白鳥が一緒に描かれている肖像画は少ないそうです。高校の世界史で強く心に残っているルター、記念すべき日にドイツに来れて良かったと思いました。
白鳥がルターのシンボルの理由: プロテスタント運動の先駆者となったヤン・フスが1415年、火あぶりになる前に「アヒル(チェコ語でフスはアヒルの意味)を焼いても、100年後に白鳥が現れるだろう」と言いました。それがルターと考えられています。


posted by jirokayo at 22:32| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

徳川吉宗公に献上されたゾウ、27時間テレビ「にほんのれきし」

FNS27時間テレビのテーマ、「にほんのれきし」が9月9日-10日に放送されました。「めざましテレビ」では約290年前にベトナムから船に乗ってやってきた象の特集でした。象は長崎から2ヵ月かけて江戸へ向かいました。その道のりと当時の資料を検証する面白い番組でした。そして市原ぞうの国の「りり香ちゃん」が出演してます! お友達のたまこさんに番組のお知らせいただきました。ありがとうございました
番組ホームページ

20170916 tv1.jpg

日本に初めて象が来たのは1408年、足利義持に献上のためだったそうです。

20170916 tv2.jpg

1728年、ベトナムから徳川吉宗に献上される象が長崎に着きました。オス、メスの2頭でしたが、日本についてすぐにメスは死んでしまいました。長崎から江戸まで歩いて移動しました。

20170916 tv3.jpg

浅い川は歩いて渡ったけれど、深い川は船をつないで、周りをムシロで覆い象が怖がらないように乗せたそうです。吉宗公への献上品ということで、各藩いろいろと知恵をしぼり努力されたそうです。

20170916 tv12.jpg

川あれば山もあります。

20170916 tv4.jpg

浜松にある「象鳴き坂」、最大30度の急斜面につらくて象が泣いたことが名の由来です。

20170916 tv5.jpg

とべ動物園のアフリカゾウの飼育員、椎名修さんから説明を受けてました。ぞうの足の裏は真っ平でひっかかりがなく、坂道を歩くのはむかない、とのことです。

20170916 tv6.jpg

当時のベトナム象の取り扱い説明書? に書かれている内容の検証をします。

20170916 tv7.jpg

当時7歳の雄ぞうのサイズは、現在の4歳のメス象、りり香ちゃんとほぼ同じサイズです。

20170916 tv8.jpg

「象はベトナム語しか分からない」、という取説内容は本当かウソか?

20170916 tv9.jpg

答えはウソ! りり香ちゃんに「バイバイ」と言うと、鼻でバイバイとしてくれます。「ありがとう」と言うと、頭をさげて「パオーン」と鳴き応えてくれました。(私も王子動物園のイベントでりり香ちゃんに応えてもらいました!) 知能が高い象は何語でも覚えることができ、市原ぞうの国ではタイ語と日本語を交えてトレーニングしているそうです。

20170916 tv11.jpg

吉宗公に献上された象ですが、維持費がかかるために手放されて、中野で飼われることになりました。が、1年8か月で亡くなってしまいました。

20170916 tv10.jpg

中野坂上の宝仙寺で骨と牙が祭られ供養されているそうです。生きているうちに沢山の人の見世物になったので、今は一般公開していないそうです。

ラベル:ぞう 歴史
posted by jirokayo at 01:54| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

栃木県佐野市犬伏の薬師堂ー真田親子の決断の地

栃木県佐野市犬伏の薬師堂に行きました。真田親子が別れを決断した場所です。関連記事:大河ドラマ「真田丸」の名場面

20161018 inubushi1.jpg

夫が中を覗いています。

20161018 inubushi2.jpg

中には真田昌幸、信之、信繁の鎧がおいてありました。

20161018 inubushi3.jpg

夕刻の日が傾いた時間、小さな古いお堂はもの悲しさが漂っていて、ドラマ真田丸とは違う「犬伏の別れ」を連想しました。

薬師堂
栃木県佐野市犬伏新町2060番地2他


posted by jirokayo at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

ハムレットの城、デンマークのクロンボー城-Le château Kronborg,c'est le château de Hamlet

15回目のフランス語文です。映画「リリーのすべて」がとても印象深くて、2008年デンマーク旅行で買った美術館の図録・ガイドブックを見ていました。ハムレットの城で有名なクロンボー城の訪れたことを思い出しました。つい数日前シェークスピア没後400年記念で、たくさんのイベントが開かれていました。ハムレット、シェークスピアの作品になるまで経緯があったこと、ガイドブックを見て初めて知りました。いつものようにフランス語文を意訳しています。フランス語の先生に大きく編集していただいてます。先生、いつもありがとうございます。
-----------------------------------------------------------------------------
1ヶ月前に「リリーのすべて」という映画を観ました。初めて性転換手術をしたリリー・エルベの話です。エイナル・ヴェゲネルとして生まれ、妻のゲルダと共に画家でした。どのシーンも美しくて、好みの映画です。2008年に私達が旅行したコペンハーゲンで撮影されていて、赤、緑、青などの建物に、歴史的な建物、昔の屋台の魚屋が見れました。
リリー・エルベとゲルダ・ヴェゲネルの絵を現地で見たかどうか知りたくて、デンマーク国立美術館、フレデリクスボー城、クロンボー城で買った図録・ガイドブックを探して見てみました。残念ながら彼らの絵はガイドブックになかったのですが、他に興味深い内容がありずっと読んでいました。
クロンボー城はユネスコの世界遺産に登録されていて、ハムレットの城としてとても有名です。デンマークの年代記にはサクソ・グラマティクス(1200年頃)がAmlethでデンマークの伝説の英雄の話を書き、それがハムレットのオリジナルだと言われています。フランス作家、ベル・フォレストがHistoires tragiques(1564-1582) でグラマティクスのAmlethを脚色し、それをトーマス・キッドが英語に翻訳しました。そしてそれをベースにシェークスピアがハムレットを完成させました。
クロンボー城の一室で、どのようにハムレットのオリジナル話が外国人作家に渡っていったかの展示があります。お城は冬は15時に閉まり、時間に間に合わなくて見る事ができませんでした。お城に行くのに私が電車を間違えてしまったので、夫は怒っていました。美しい礼拝堂と、地下にある部屋を見ることはできました。そこで座って腕を組んでいる伝説の英雄、オジエ・ル・ダノワの石像を観ました。王国が攻撃されたら、石が肉と血に変わり、オジエ・ル・ダノワが立ち上がって自国を守るために戦うのです。
お城を観た後、私達はお城の周りを歩きました。スウェーデンの港街、ヘルシンボリとたった7kmしか離れていません。昔はこのクロンボー城がデンマークにとっていかに重要な砦であったか理解できました。

Il y a un mois j'ai vu Danish Girl, un film qui raconte la vie de Lili Elbe, la première intersexuelle opérée. Née Einar Wegener, elle et sa femme Gerda étaient peintres. J'ai aimé ce film car chaque scène était très belle. Il a été tourné à Copenhagen où nous sommes allés en 2008. C'est une belle ville avec ses rangés de boutiques roses, vertes, bleues, ses anciennes halles au poisson, ses monuments historiques. Ce film m'a rappelé notre voyage au Danemark.

20160407 dan6.JPG

J'ai recherché parmi mes livres les guides que j'avais achetés au musée national du Danemark, au château Frederiksborg et au château Kronborg. Parce que je voulais savoir si j'avais déjà vu des œuvres des peintres qu'on voyait dans le film. Je n'en ai pas trouvé mais je me suis mise à lire ces guides. Je ne pouvais plus m'arrêter, j'étais captivée.

20160407 dan2.jpg

Le château Kronborg, inscrit au patrimoine mondial de l'Unesco, est trés connu pour être le château de Hamlet. Selon la chronique danoise, Saxo Grammaticus, qui a vécu vers 1200, a écrit l'histoire de Amleth, un héros légendaire danois et c'est cette histoire qui est à l'origine de Hamlet. L'écrivain français Belleforest a publié dans Histoires tragiques(1564-1582) une adaptation du Amleth de Saxo Grammaticus. C'est la traduction de Belleforest par Thomas Kyd qui a servi de base à Shakespeare pour rédiger son Hamlet.

20160407 dan1.jpg

Dans le château il y a une exposition qui explique comment la légende a été reprise par des écrivains étrangers mais je n'ai pas pu la voir par manque de temps, le château ferme à 15 heures en hiver. Mon mari n'était pas content parce que je me suis trompée de train pour y aller. Nous avons vu la chapelle, très belle, et un bâtiment de deux étages comprenant plusieurs salles. Nous avons repéré une statue en pierre de Ogier le Danois (Holger Danske). C'est un héros légendaire. Il est représenté assis, les bras croisés. Si le royaume est attaqué, la pierre deviendra chair et sang et Ogier le Danois se lèvera pour défendre son pays.

20160407 dan3.jpg

Après la visite, nous nous sommes promenés autour du château et avons vu la côte suédoise. Kronborg n'est qu'à 7 km de Helsingbrog, une ville côtière suédoise. On comprend facilement qu'autrefois le château Kronborg était vraiment une forteresse importante pour le Danemark.


20160407 dan4.jpg

20160407 dan5.jpg
ラベル:en français
posted by jirokayo at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする