2017年09月19日

BimBomBam楽団のニューアルバム“B”、秋冬もばっちり楽しめます!

BimBomBam楽団が5月にリリースしたアルバム『』、9月3日に大阪で開催されたイベントでゲットしました。

20170917 cd1.jpg

全曲書き下ろしの13曲が収録。ジプシージャズを中心に今回新しいサウンドもとりいれ、2017年後半のスタンディングライブ開催にむけて踊れる曲なども収録。夏に向けて気分を上げて行くにはもってこいの一枚』、とホームページでは紹介しています。東洋を感じさせるもの、哀愁が漂うもの、元気になるもの等々と様々な曲が入っていて、秋冬でも十分楽しめます
下記のリンクでアルバムの3曲が聞けます。
【3曲フル試聴】BimBomBam楽団 - Full Album "B" ~ 1953 / Un Poco Loco / 9月の空が過ぎたら

20170917 cd4.jpg

BimBomBam楽団は2015年春頃、元PE’ZのトランぺッターOhyama”B.M.W.”Wataruと、日本におけるジャズマヌーシュの第一人者であるギタリスト手島大輔を中心に結成。フランス由来のジャズマヌーシュをはじめ、様々なジプシーサウンドを取り入れ、現代の音楽としてポップなジャズを作り、活動中。
マヌーシュギターのバッキングとパーカッションのリズムが軽快に進む中、ラテンジャズスタイルのウッドベースが陽気を誘い、その上でトランペットとヴァイオリンが独特のハーモニーを奏でる他に類を見ない編成。(ホームページより

20170917 cd2.jpg

個性豊かなメンバーは実力派ぞろいです

20170903 bbb1.jpg

大阪で9月3日 Cafe Comtempo 開催の『meal me(e)t music』
音楽レーベルmeal me(e)t musicが立ち上げた、もっと多くの方に、もっと自由に「食」と「音」のマリアージュを楽しんでいただきたい、という想いを込め、「ディナーショーの美味しさ」と「フェスの楽しさ」を融合させた、新しいスタイルのパーティー
お料理を提供ははバスク料理のgastroteka bimendi。3セットの演奏の間にお料理がサーブされます。お料理の詳細は「食べ歩き放浪記」に掲載してます。

秋のツアー TourBeFree2017秋 〜StandingLive&Party〜
10/27(金) 大阪 Live space Conpass
10/28(土) 金沢 Gold Creek
10/29(日) 名古屋 Live&Lounge Vio
11/3(金) 東京 354club

関連記事
神戸クロスイベント078、ジプシージャズのBimBomBam楽団が出演☆
ジプシージャズ BimBomBam楽団-クリスマス大阪公演☆

posted by jirokayo at 02:06| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

今日は一日“69&over! おやじロック”三昧、NHK-FM 放送中です!!

山本さゆりさんの「今日は一日“69&over! おやじロック”三昧」,NHK-FMで放送中です!! 午後0時15分〜 午後9時00分 インターネット:http://www.nhk.or.jp/radio/

20170918 radio.PNG

リクエスト募集中です!! http://www4.nhk.or.jp/zanmai/

番組ホームページより
69歳以上で今も現役で活躍するロックスターたちの特集。往年のヒット曲と最新作を紹介します。憧れの69&overへのリクエスト&メッセージをお送りください。
山本さゆり,大森庸雄,宮治淳一,湯川れい子,シシド・カフカ,亀渕昭信


ラベル:音楽
posted by jirokayo at 12:33| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

NHK-FM「おやじロック三昧」、山本さゆりさんがリクエスト募集中です!!


ラベル:音楽
posted by jirokayo at 22:15| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

「かもめ食堂」の挿入歌、井上陽水 “クレイジー・ラブ”

大阪、ヘルシンキ間の飛行機の中で繰り返し観ていた映画、「かもめ食堂」。エンドロールで井上陽水の「クレイジー・ラブ」が流れます。思い出して聞きたくなりました。良い曲です



posted by jirokayo at 02:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

ディズニー映画 主題歌「美女と野獣」、新旧バージョン☆

ディズニー映画、「美女と野獣」の実写版を観てきました。エマ・ワトソン、ダン・スティーブンス、ケビン・クライン、ルーク・エバンス、ユアン・マクレガー、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン、と豪華キャストです。が、魔法にかかっている時は自身の姿なく吹き替えなので、誰の声か全くわからなかったです。夢のように穢れがない作品でした。エンドロールでは印象派の絵画ような色彩が切り替わっていき、美しい歌を聞きながら最後まで見ていました。美女と野獣の公式ホームページ
主題歌が大好きで、今回も楽しみにしていました。新バージョンはアリアナ・グランデさん、ジョン・レジェンドさんが歌っています。



アリアナさんはマンチェスターのコンサートでテロ事件が起こり、大変なショックを受けておられると思います。

旧バージョンは、セリーヌ・ディオンさん、ピーボ・ブライソンさんです。



私は絵が好きだからか、こちらのバージョンをみてより感動します。こちらのバージョンに憧れてピアノを弾いてた時期もありました。
ラベル:音楽 映画
posted by jirokayo at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ベリンダとアレックス、3月の日本公演の様子☆

2017年3月3日にビルボードライブで「ベリンダ・カーライル大阪公演」を観ました。ベイシティローラーズ、レスリーのバンドの前ドラマー、アレックスの登場に大興奮した日でした。(その日の記事
今ごろですがアレックスがツィッターをしていることに気がつき、日本公演の写真とビデオのアップを見ました。感動が蘇ってきます。

20170602 alex.jpg

3月2日、大阪に向かう新幹線を待っている様子です。

20170602 alex2.jpg

日本公演の最終日

20170602 alex3.png

大阪で使われたドラム。




posted by jirokayo at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ららら♪クラシック「ラヴェルの“亡き王女のためのパヴァーヌ”」、5月26日放送

5月26日(金)21:30〜 Eテレで、ららら♪クラシック「ラヴェルの“亡き王女のためのパヴァーヌ”」の放送があります。先週、ラベル名曲集をブログに書いたので私にはタイムリーで嬉しいです。スペイン語講座に出演している、平岳大さんがゲスト。番組予告を見るとダンス「パヴァーヌ」がどんなものか?わかるようです。

20170526 tv.JPG

ららら♪クラシック 番組ホームページ


ラベル:音楽
posted by jirokayo at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

ビリー・ジョエルの“This Night”-ベートヴェン「悲愴」が原曲!?

2010年放送の「クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス」の中に、ベートヴェンのピアノソナタ「悲愴」がありました。探偵役の筧利夫さん、助手の黒川芽以さんのやりとりが楽しくて毎回ひとりで大笑いしてましたが、久しぶりにこの「悲愴」の回を見たら涙がにじんできました。この曲を書いた当時、ベートヴェンの難聴は始まっていて誰にも言えずに苦しんでいたそうです。得に有名な第2楽章は人が歌いたくなる音域、テンポで書かれていて、19世紀にも詞をつけて歌われていたそうです。悲愴の中、声にして歌う。そしてその先に進むこと、この曲は「悲愴に立ち向かう」、という真意で作ったものだろう、と謎を解いていきました。
最近はパソコン作業が長く、ブッフビンダーさんのCDで「悲愴」を日に何度も聞いていました。ビリー・ジョエルの「This Night」、サビ部分が「悲愴」が原曲になっています。ビリー・ジョエルの歌もとても良いと思います。



ラベル:音楽
posted by jirokayo at 01:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

「マ・メール・ロワ」-ラベル名曲集から

2002年、パリのルーブル美術館で友人がお母さんのお土産にラベル名曲集、Maurice Ravel Morceaux Choisis を買いました。なかなか良いCDだからと、曲とラベルをコピーを旅の思い出にいただきました。最近思い出して探し聞いてみたら音源が良くなかったので、私も同じものをAmazonで買いました。

20170517 ravel1.jpg

昨日久しぶりに行ったフランス語のレッスンは、ヴィクトル・ユーゴーの長女、レオポルディーヌに宛てた手紙が教材でした。レオポルディーヌは19歳で夫とともにセーヌ川で溺死した話を先生から聞きました。それでか夜はこのラベルのCDを取り出して1枚目の一曲目、「亡き王女のためのパヴァーヌ」(Pavane pour une infante défunte)を聞いてました。が、パソコンのキーボードの手を止めたのが「マ・メール・ロワ」 Ma Mère l'Oye で、素朴で楽しさや不安を感じるピアノの音でした。

20170517 ravel2.jpg

マ・メール・ロワはラベルが友人の子供たちのために作った連弾曲で、4つのフランスのおとぎ話をモチーフにしています。
第1曲 眠れる森の美女のパヴァーヌ(Pavane de la belle au bois dormant)
第2曲 親指小僧(Petit Poucet)
第3曲 パゴダの女王レドロネット(Laideronnette, impératrice des pagodes)
第4曲 美女と野獣の対話(Les entretiens de la belle et de la bête)
第5曲 妖精の園(Le jardin féerique)、(眠れる森の美女の一場面)

20170517 ravel3.jpg

7年前に「名曲探偵アマデウス」で、この曲を紹介していました。保存しているので久々にこの番組も見ました。曲のことも作曲家のこともよくわかる、とても面白い番組です。
パンドラTVでもみれます。
名曲探偵アマデウス マ・メール・ロア

posted by jirokayo at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

Spotify、音楽ストリーミングサービス☆ドイツ音楽

ドイツ大使館がお薦め曲のプレイリストをSpotify、に作っています。Spotifyは、スウェーデンのサービスで、4000万を越える楽曲を収録してる世界最大のストリーミング音楽サービスです。

20170411 spo1.JPG

ドイツ語になじみたいので聞き始めましたが、お薦め曲だけあって何度聞いてあきません。毎月更新していくそうなので、楽しみです。

20170411 spo2.JPG
アルバムの登録しました。

Spotifyは2016年9月に日本に上陸しました。無料版と有料版があり、無料版は数曲聞くとCMが入り、アルバム再生はシャッフルになるそうです。楽曲やアルバムを簡単に検索して登録できるので、動画を見ない私にはYouTubeよりあっているように思います。

Spotifyの日本語サイト
ラベル:音楽 ドイツ語
posted by jirokayo at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

FCケルンの応援歌、スコットランド民謡のLoch Lomond☆

3月18日のブンデスリーガ第25節、ケルンvsへルタをたまたま見ていたら、選手入場で聞こえるスコットランド民謡、Loch Lomond。驚いて調べてみたら、ケルンの応援歌でした。試合前にこの曲を聞いたら士気が高まりそうです。
ケルンでは大迫選手、へルタでは原口選手が活躍しています。ドイツリーグで日本選手が頑張っていて、本当にすごいです



FC Köln Hymne
Iehrefeld,Raderthal,Nippes,Poll,Esch,Pesch un Kalk
Üvverall jitt et Fans vom FC Kölle!
En Rio, en Rom, Jläbbisch, Prüm un Habbelrath,
Üvverall jitt et Fans vom FC Kölle!

Freud oder Leid, Zokunft un Verjangenheit!
E Jeföhl, dat verbingk FC Kölle!
Ov vür, ov zoröck,
Neues Spill heiß neues Jlöck!
E Jeföhl, dat verbingk FC Kölle!

Mer schwöre dir, he op Treu un op Iehr!
Mer stonn zo dir, FC Kölle!
Un mer jonn met dir,
Wenn et sin muss durch et Füer,
Halde immer nur zo dir, FC Kölle!

Ov Jung oder Alt, ov ärm oder rich!
Zesamme simmer stark FC Kölle!
Durch dick un durch dünn,
Janz ejal wohin!
Nur zesamme simmer stark FC Kölle!

Mer schwöre dir, he op Treu un op Iehr!
Mer stonn zo dir FC Kölle!
Un mer jonn met dir,
Wenn et sin muss durch et Füer,
Halde immer nur zo dir FC Kölle!
ラベル:ドイツ語
posted by jirokayo at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

スコットランド民謡 Loch Lomond(ロッホ・ローモンド)

スコットランド民謡、Loch Lomond(ロッホ・ローモンド)が、ベイシティローラーズのステージ挨拶で流れます。
歌の説明は下記のページに掲載されています。
ロッホ・ローモンド(ロック・ローモンド)The Bonnie Banks O' Loch Lomond


ピーター・ホーレンスさんのアカペラバージョン、映像も歌も美しいです。ヒロヨさん教えていただいて、ありがとうございます。



歌詞
By yon bonnie banks and by yon bonnie braes,
Where the sun shines bright on Loch Lomond,
Where me and my true love were ever wont to gae,
On the bonnie, bonnie banks o' Loch Lomond.

Chorus:
O ye'll tak' the high road, and I'll tak' the low road,
And I'll be in Scotland afore ye,
But me and my true love will never meet again,
On the bonnie, bonnie banks o' Loch Lomond.

'Twas there that we parted, in yon shady glen,
On the steep, steep side o' Ben Lomond,
Where in purple hue, the hieland hills we view,
And the moon coming out in the gloaming.

Chorus

The wee birdies sing and the wildflowers spring,
And in sunshine the waters are sleeping.
But the broken heart it kens, nae second spring again,
Though the waeful may cease frae their grieving.

posted by jirokayo at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

アデル、ジョージ・マイケルさん追悼唱をやり直すハプニング

音楽の祭典、第59回グラミー賞が13日(現地時間12日)に米・ロサンゼルスで行われ、昨年12月25日に53歳で亡くなったジョージ・マイケルさんを追悼。アデルがジョージさんの「Fastlove」を歌うが、途中で歌唱を止めるハプニングが起こりました。自身の歌に納得いかず「もう一度やらせて。本当にごめんなさい」と言ったアデル。最優秀アルバム賞を受賞しました。




ラベル:音楽
posted by jirokayo at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ベートヴェン ピアノソナタ 月光、ルドルフ・ブッフビンダー

ルドルフ・ブッフビンダーのピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2 「幻想曲風ソナタ」月光、のアップをYouTubeで見つけました。ベートヴェンの全集の中で、一枚無くしたCDの中に入っている曲です。(関連記事)アップしてくださった方に感謝して、一楽章〜三楽章のプレイリストを作らせていただきました。


Rudolf Buchbinder Beethoven Sonata op.27 no.2 "Moonlight Sonata"

posted by jirokayo at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

バンベルク交響楽団演奏会-クラシック音楽館(NHK Eテレ)

1月22日(日) NHK Eテレ「クラシック音楽館」で、バンベルク交響楽団の演奏会が放送されました。2016年11月1日 愛知県芸術劇場コンサートホールで行われたもので、プログラムはベートヴェンの交響曲5番「運命」、6番「田園」です。バンベルク交響楽団は第二次世界大戦前はプラハでドイツ系の奏者で結成され、戦後ドイツのバンベルグで再結成されました。ボヘミア的な演奏をなぜか引き継いでいる、と名誉指揮者のヘルベルト・ブロムシュテット氏が話されていました。あたたかい音色の「田園」に感動しました。
ブロムシュテット氏の曲解説もあり、田園の1〜5楽章の情景説明では天候の変化について、最近習ったドイツ語の単語がいろいろ出てきました。ドイツ語の勉強は苦戦続きですが、こうして名曲を素晴らしい演奏で聴くとまた頑張ろうという気になります。

クラシック音楽館のホームページより
1月22日(日)放送
<バンベルク交響楽団演奏会>
1946年、プラハ・ドイツ・フィルのメンバーが避難民としてドイツの街に集まり結成したバンベルク交響楽団。
カイルベルト、クナッパーツブッシュ、ヨッフム、シュタインといった錚々たる顔ぶれの指揮者により独自のサウンドを磨き上げてきました。今回の来日公演で名誉指揮者ブロムシュテットとともに披露したのは、ベートーベンのおなじみの名曲です。
管弦楽:バンベルク交響楽団
指 揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
(2016年11月1日 愛知県芸術劇場コンサートホール)
1.交響曲第6番 ヘ長調 作品68「田園」(ベートーベン)
2.交響曲第5番 ハ短調 作品67(ベートーベン)
アンコール エグモント序曲

20170126 con2.JPG

<ブロムシュテット 1983年のN響定期から>
管弦楽:NHK交響楽団
指 揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
(1983年11月9日 NHKホール)
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲(ワーグナー)


20170126 con1.JPG
ラベル:ドイツ語 音楽
posted by jirokayo at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

ベートヴェンのピアノソナタに助けられて☆

2015年11月、ウィーン楽友協会でルドルフ・ブッフビンダー(Rudolf Buchbinder)氏のピアノ・リサイタルでベートヴェンを聴きました。(関連記事:ウィーン楽友協会、ルドルフ・ブッフビンダーのリサイタル)
帰国後ブッフビンダー氏のベートヴェン全集をアマゾンで買って、しばらくかけていました。昨年末に久しぶりにCDを開いてみると、なんと一枚、4番のCDがないのです。そのCDにはウィーンで聴いた第13番 変ホ長調「幻想曲風ソナタ」、第14番 嬰ハ短調「幻想曲風ソナタ」(月光) が入っています。どこを探しても見つからない。無いとなると余計に聴きたい! でも一枚のCDのために全集をもう一つ買うのは流石に躊躇っています。

buchbindercd.jpg

というわけで、今は4番以外のほかの曲を聴いていますが、気力がわかない、頭がぼーとする更年期の症状がベートヴェンのピアノ曲で緩和されています。脳の活性化に良いのはモーツアルトの楽曲ですが、ベートーヴェン、バッハ、ブラームス、チャイコフスキー、ハイドンも効果があるそうです。私にはベートヴェンが良く、得に小刻みに頭をたたかれているようなリズムが刺激になり、落ち込んだ気持ちが前向きに変わっていくようです。

posted by jirokayo at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

西野カナ『if』-「劇場版ナルト疾風伝 ザ・ロストタワー」主題歌

西野カナさんが日本レコード大賞を「あなたの好きなところ」で取りました。流行りのことにうとい私ですが、
「劇場版NARUTO-ナルト−疾風伝 ザ・ロストタワー」主題歌の『If』を聞いてから、西野さんの歌は好きです。11年ぶりの女性ソロの受賞とのことです。おめでとうございます!



posted by jirokayo at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

ジョージ・マイケルの7つの曲(20Minutesより)

イギリス出身のシンガーソングライター、ジョージ・マイケルが25日に亡くなりました。53歳でした。
フランス、20 Minutesがまとめたビデオです。


George Michael: Sept tubes incontournables 投稿者 20Minutes

ラベル:フランス
posted by jirokayo at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

家庭画報1月号の付録-モーツアルト名曲CD

家庭画報、2017年1月号はモーツアルト名曲CDが付録でついてます。

20161223 book1.jpg

美容院で表紙を見て思わず「CDついていたんですか?」尋ねると、「ああこれですね。良かったらどうぞ」、とあっさりとプレゼントしてもらいました。うれしい! クリスマスプレゼントいただきました。

20161223 book2.jpg

雑誌の中にはモーツアルトゆかりの地、ザルツブルクの記事がたくさんさりました。この夏にザルツブルクに行ったけれど、時間がない、人が多い、それに暑いのでモーツアルト像までたどりつけませんでした。

20161223 book3.jpg

17曲、厳選されたものが入っていて良いです。これを聞いて新年を祝いおうと思います。ありがとうございました☆

posted by jirokayo at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

ジプシージャズ、BimBomBam楽団-クリスマスツアー中です☆

スペイン、ビルバオのガイド、畑山摩也さんからお薦めいただいたジプシージャズ、BimBomBam楽団のクリスマスツアーが12月5日より始まりました。大坂は12月7日(水)、京橋BERONICAで開催です!
ツアー日程:http://bbbgakudan.tokyo/gypsydiningtour2016xmas/

BimBomBam楽団の音楽を聞いて、モダンでかつシャンソンなどのアレンジもありなかなか良いとおもいました。神戸に住んでいる私にはジャズは毎日どこかで耳に入ってくる音楽で、とても自然に聞けます。



BimBomBam楽団とは(ホームページより
2014年、トランぺッター Ohyama”B.M.W.”Wataruと日本におけるジャズマヌーシュの第一人者であるギタリスト 手島大輔を中心に結成される。 2015年、自主制作盤『BimBomBam』で音源を初披露。2人のソングライターが生み出す楽曲と手練れの楽団メンバーの演奏で、 まったく新しい都会的な『GYPSY JAZZ』サウンドを生み出した。
シャープかつ力強いベースとパーカッション、自由自在にリードとバッキングを行き来するギター、 その熱いアンサンブル上をトランペットとバイオリンという世にも稀な組み合わせのメロディが大胆かつ繊細に絡み合い、その渾然一体となったサウンドは多くの音楽ファンに驚きをもって迎えられた。
『食事と人と音楽が溶け合う空間』というコンセプトのもと、楽団のライブの多くはダイニングスタイルで行われる。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする