2018年05月04日

スペイン・バスクのワイナリー☆アストビサのぶどう畑

スペイン、バスクのワイナリー「アストビサ」に寄りました。

54890EF1-08C6-4B39-AE22-18638B9D0450.jpeg

バスクは緑が多くて、美しいところです。

FA4555C4-24B6-4188-BA43-BB9E89D98BC2.jpeg

白ワイン、チャコリが有名です。

2548962C-F3A1-4A0A-A6F7-E4EAF9397692.jpeg
続きを読む
posted by jirokayo at 17:30| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

スペイン日産で電気自動車「リーフ」試乗&イニエスタのプレゼント☆

この週末マドリード、バルセロナのニッサンで、電気自動車リーフのテストドライブして、イニエスタのプレゼントがもらえるそうです。ビデオでイニエスタが車にのせている、バックやボール(サイン入り)がプレゼントのようです。ファンが殺到するのでは?




ラベル:スペイン
posted by jirokayo at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

一本の道「スペイン“魚とワインの道”を歩く〜バスク地方〜」

4月25日 22時-、BSプレミアム「一本の道」はスペイン、バスク地方です。

番組ホームページより
スペイン北部バスク地方。「魚とワインの道」と呼ばれる道が今回の舞台。名前の由来は、古来、豊かな「海の幸」と「山の幸」が行き来してきたから。そして現在は世界的な美食エリアとしても注目されている。そんなバスクをおなじみのベテランアナ、石井かおるアナウンサーが歩いた。中高年世代のいわば「代表」として、6日間70キロの旅に挑戦。心躍る出会いを重ねる中で、自分自身の人生をも見つめる、深みのある旅となった。

IMG_3827.JPG

ラベル:スペイン
posted by jirokayo at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

チャコリ&ピンチョスのイベント、大阪“ガストロテカ ビメンディ”

4月3日に大阪、本町バスク料理店「ガストロテカ ビメンディ」でチャコリ&ピンチョスのイベントがありました。スペイン、バスク地方のワイナリー「アストビサ ASTOBIZA」から、生産者のジョンさん、シェフのアインゲルさん、通訳の摩也さんが来日して、チャコリ(白ワインの発泡酒)のプロモーションを行いました。

20170403 Astobza3.jpg

イベントの詳細は「食べ歩き放浪記」に掲載しています。
http://jirokayo.jp/blog-entry-3348.html

20170403 Astobza4.jpg

プロモーションはこの日から始まり、全国で10日間続きました。
5つのチャコリに合わせたピンチョスを、アインゲルさん、ガストロテカ ビメンディ、神戸のエルラコーデンタケウチの3人のシェフが作りました。

20170403 Astobza2.jpg

軽くて飲みやすいチャコリを2種類買いました。
ワイナリー社長、ジョンさんのサイン付きです。

20170403 Astobza1.jpg

NHKテレビスペイン語、今季もバスク地方を舞台にしたシリーズです。バスクの食や文化をまた楽しみたいと思います。

ラベル:グルメ
posted by jirokayo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

雅子さま、宮中晩餐会でスペイン王妃から「お元気そうでよかったです」(週刊女性)

スペイン語教室関連のツイートで見つけた記事です。

雅子さま、宮中晩餐会でスペイン王妃から「お元気そうでよかったです」
週刊女性 2017/4/13

20170414 masakosama.JPG

「晩餐会は予定より30分遅れで終了しました。一生懸命にもてなされた雅子さまも、お帰りの際は少し疲れぎみのようでした」(宮内庁関係者)
 4月5日、皇居・宮殿で「国賓」として来日したスペインのフェリペ6世国王(49)とレティシア王妃を歓迎する宮中晩餐会が催された。

20170414 masakosama2.JPG

 雅子さまは会の最後まで出席し、お帰りは夜10時20分ごろ。秋篠宮ご一家とほぼ同時刻に、皇居をあとにされた。その2日後には、天皇・皇后両陛下が国王夫妻を連れて、静岡県をご案内するなど手厚い歓迎ぶり。それには長年にわたる友好関係があったからと話すのは、スペイン現代史に詳しい日本大学商学部准教授の細田晴子さん。
「1609年にメキシコに向かうスペイン船が千葉沖で座礁しました。その際に現地の人たちが乗組員300人以上を救出し、フェリペ3世国王が感謝の意を込めて徳川家康公に洋時計を贈ったのです」
全文を読む。。

posted by jirokayo at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする