2017年11月15日

あやめ池遊園地のぞう、ハナちゃんとrinoさんの写真です☆(1972年)

ゾウさんにアイスクリーム取られた思い出、あやめ池遊園地」、という記事に書きました。ハナちゃんにもう一度会いたかったと思っていたら、rinoさんが子供の頃の写真を送ってくださいました。1973年のハナちゃん、13歳ごろの写真です

20171115 rinosan hanachan1.jpg

(後ろ向き)rinoさん、(横向き)従妹さん、(正面)妹さんです。

20171115 rinosan hanachan2.jpg

rinoさんとハナちゃんの写真に感動です。お写真送っていただいて、本当にありがとうございます

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 18:34| Comment(6) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

市原ぞうの国「ゆめ花」ちゃん、神戸王子動物園に1日滞在しました☆2017年11月9日

11月9日、市原ぞうの国の「ゆめ花」ちゃんが神戸王子動物園に一日滞在しました。日本で初めて生まれたアジアゾウ、ゆめ花ちゃんは10歳になり繁殖のために「沖縄こどもの国」でしばらく過ごすことになりました。千葉からの道中、兵庫、宮崎の動物園で小休止して沖縄に向かいます。

20171109 yumekachan4 c.jpg

ゆめ花ちゃん一行は早朝に神戸に着きました。

20171109 yumekachan5 c.jpg

14時過ぎに動物園に着いた時、ゆめ花ちゃんのいる運動場をたくさんの人が囲っていました。

20171109 yumekachan3 c.jpg

となりの運動場にいるズゼもゆめ花ちゃんのことを、とても気にしている様子でした。

20171109 zuze2 c.jpg

ズゼは3年前に「結希」を市原ぞうの国で出産しているので、ゆめ花ちゃんを知っています。

20171109 yumekachan2.jpg

ゆめ花ちゃんはお絵かきがとても上手で、「神戸150」を今日描いてくれました。

20171109 yumekachan1 c.jpg

16時半の閉園時間には、着た時よりもさらにたくさんの人がゆめ花ちゃんを見守っていました。市原ぞうの国のぞうさんショーのリボンをつけて、記念撮影のサービスがありました。

20171109 yumekachan6.jpg

閉園後の見送りもたくさんの方が来られてました。

20171109 yumekachan7.jpg

今日は夕方ぐっと寒くなりましたが、みな帰らずにゆめ花ちゃんのトレーラーを見送りました。

20171109 yumekachan8.jpg

狭いトレーラーに乗っての移動はゆめ花ちゃんには楽ではないと思いますが、沖縄まで頑張ってもらいたいです。無事に到着すること、プロジェクトが順調に進みますことを心から祈っております。

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 21:42| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

市原ぞうの国の「ゆめ花」ちゃん、11月9日に王子動物園に滞在します!!

市原ぞうの国の「ゆめ花」ちゃんが11月9日(木)、神戸王子動物園に滞在します。「ゆめ花をママに!」プロジェクトで沖縄こどもの国に移動中に神戸に寄ります。ゆめ花ちゃんは、神戸のズゼの子「結希」の乳きょうだいである「りり香」のお姉ちゃんです。

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 21:01| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

ゾウさんにアイスクリーム取られた思い出、あやめ池遊園地

懐かしい写真を見つけました。3歳?の時に家族と親戚で行った奈良あやめ池遊園地。動物も居て、ゾウさんをアイスクリーム食べながら見てました。急にゾウさんの鼻が伸び、握っていたアイスクリームを取られてしまいました。え〜!と驚いている私に母が、「そんな近づいて見るからやないの!」と言いました。それから半世紀の間、今年の夏までゾウをどこかで見たという確かな記憶はありませんが。。3歳の頃はゾウが気になって直近で見ていました。潜在的にゾウさん好きだったんですね。

20171018 pic.jpg

一歳上の姉(左)と。(姉より私の方が大きかったですね) 後ろに隠れるようにゾウさんが写っています。このゾウさんのことが知りたくて調べてみたら、パオパオランドのホームページで詳細がわかりました。1960年生まれのインドゾウで1961年に日本に来ました。2002年4月に高齢のために亡くなりました。遺骨は大阪市立自然史博物館に贈られたそうです。
写真はハナちゃんが5歳ぐらいの時です。アイスを取られた縁? というと変ですが、遺骨が自然史博物館に展示されているなら見に行きたいです。

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 05:06| Comment(5) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

シベリアオオヤマネコ、神戸王子動物園のビデオと写真☆(2017年10月1日)

神戸王子動物園のシベリアオオヤマネコ、2016年の末にラトビアから来ました。オスのアルくんです。

20171001  zoo lo 7.jpg

いつも寝ているのに、この日は起きてました。




カバさんとゾウさんの写真です。この日はゾウのトレーニングで写真を撮りすぎて、充電電池がなくなってしまいました。

20171001  zoo lo 8.jpg

この日、外にいたのはメスのナミコさんと子供の出目丸くんです。

20171001  zoo lo 9.jpg

出目丸くんがプールから上がってきたころには、食べ物はなくなっていました。

20171001  zoo lo 10.jpg

親子でプールへ

20171001  zoo lo 1.jpg

ゾウのズエとマックです。この日は同じ運動場にいました。マックはズゼと一緒でとても嬉しそうでした。

20171001  zoo lo 3.jpg

ズゼの体のあちこちをタッチしにいきます。ズゼはとくに喜ぶ様子も嫌がるようすもなく。。しずしずとマックから離れていく感じでした。14:30にマックがトレーニングでゾウ舎に入るのですが、先にズゼが入り、マックが付いていくように入りました。

20171001  zoo lo 13.jpg

中で怒られた?ズゼは大急ぎで運動場に出てきました。そしたらマックはズゼを追いかけて出てきて、この日のトレーニングはなかなか始まりませんでした。

20171001  zoo lo 14.jpg

マックのトレーニングの様子、外から少し見難いです。

20171001  zoo lo 2.jpg

ズゼのトレーニングは運動場でします。この日は爪とササむけのお手入れがありました。

20171001  zoo lo 5.jpg

足をのせていた台をズゼが片付けます。

20171001  zoo lo 6.jpg

日曜日でたくさんの人がきていました。ズゼは人気ものです

20171001  zoo lo 4.jpg

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 11:19| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

神戸王子動物園の無料日のお知らせ☆動物の写真です♡

10月3日「KOBE観光の日」、神戸王子動物園は入園料が無料になります。
年間パスポート3000円、大人一回券600円なので、私は先日年間パスポートを購入しました。

20170923 zoo1 1.jpg

お彼岸に撮影した写真、少し前に加工したものです。
動物をきれいに撮って掲載したいので、先月夫に内緒でカメラを買いました。Sonyのデジカメは初めてですが、このひょうの写真はカメラの持ち味がでて美しく撮れました。

20170923 zoo5 l.jpg

ライオン、めずらしく起きてました。

20170923 zoo2 1.jpg

ラトビアから来たシベリアオオヤマネコ、隅で寝ていました。

20170923 zoo4 l.jpg

やっぱり虎はかっこいい! 人気ものです。

20170923 zoo6 l.jpg

かばのナミコさん。この日は外にいました。

20170923 zoo3 1.jpg

ホッキョクグマ、みゆきです。

20170923 zoo9 l.jpg

アジアゾウのズゼ。トレーニング中におしっこしてます。鼻を口にくわえていて、可愛いです

20170923 zoo7 l.jpg

飼育員さんに背中の土を取ってもらってます。



オスのマック、15時半すぎにお客さんに挨拶しに来ました。その後ゾウ舎の入り口に立って、16時まで可愛い声で鳴き続け「早く中に入れてよ〜」、と言っているようでした。
ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 00:57| Comment(4) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

カバさん口の中!王子動物園の出目男くん(公認ボランティアTwitterより)

神戸王子動物園のカバ、出目男くんの様子を公認ボランティアさんがツィートしてくださいました。出目男くんの口内炎は良くなったのでしょうか。飼育員さんに「はよ、こっちおいで! ここ、ここ!ここで口開けて!」、という言葉に従っている出目男くん、可愛いです




posted by jirokayo at 21:42| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

神戸王子動物園、パンダとゾウのお昼ごはん(2017年9月19日)

雑用の合間をぬって王子動物園に行きました。パンダとゾウさんたちの食事の様子を見れました。

20170919 zoo1.jpg

数日前に22歳の誕生日を迎えたパンダ、タンタン。

20170919 zoo2.jpg

外にいるところを初めて見ました。

20170919 zoo4.jpg

アジアゾウのズゼ。午前中だからか、ご飯前だからか、元気がないように見えました。壁にくっついてます。

20170919 zoo5.jpg

ご飯前に飼育員さんの号令に合わせるズゼ。

20170919 zoo6.jpg

マックはマスト期(通常時の20倍の男性ホルモンが出る発情期)の様子、側頭部からタール状の液体がでて、尿をずっと出してました。




ご飯中のズゼとマック。ズゼの茎を食べる音が良いです。たくさん食べて毎日元気で過ごしてほしいです

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 01:19| Comment(2) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

神戸王子動物園のパンダ、22歳のお誕生日迎えました!!(9月16日)

神戸、王子動物園のパンダのタンタン、9月17日に22歳の誕生日を迎えました ケーキ、かわいすぎです


posted by jirokayo at 18:27| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

とべ動物園、アフリカゾウ家族のエピソード☆(2017年9月9日)

とべ動物園のアフリカゾウの家族をずっと見てました。
長女のひめちゃんがゾウ舎から出て、しばらくして隣の運動場に行きました。するとお母さんのリカさんが出てきて、後を追うように次女のとあちゃんも付いてきました。

20170909 tobe17.jpg

とあちゃんはすぐリカ母さんにくっついて、お乳を飲み始めました。

20170909 tobe18.jpg

とあちゃんは6月で4歳になり母乳を卒業する時期を過ぎているのに、甘えん坊でやめることができません。

20170909 tobe2.jpg

気持ちよさそうに飲み続ける、とあちゃん。

20170909 tobe12.jpg

となりの運動場にいた長女のひめちゃんが、ふたりを見て寄ってきました。

20170909 tobe13.jpg

「とあちゃん、いつまで飲んでいるの! やめなさい」、と言うかのように鼻でとあちゃんを注意しているようです。

20170909 tobe1.jpg

とあちゃんはお姉ちゃんに怒られてすねたのか、ひとり隣の運動場へ行ってしまいました。リカかあさんは心配している様子です。

20170909 tobe15.jpg

となりの運動場でしょんぼり? とあちゃん。

20170909 tobe16.jpg

人間の家族関係と同じようですね。いろいろあっても、一緒にいて幸せです

関連記事
愛媛県、とべ動物園に行ってきました☆
「ひめちゃんとふたりのおかあさん」―人間に育てられた子ゾウ
「アフリカゾウの家族をつくる 28年間の記録」、絆のドキュメンタリーの放送です(NHK 8月9日)!!

とべ動物園
愛媛県伊予郡砥部町上原町240
ホームページ


ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 18:12| Comment(2) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛県、とべ動物園に行ってきました☆

涼しくなったら愛媛県のとべ動物園に行こうと決めていました。「アフリカゾウの家族をつくる 28年間の記録」を見たというのもありますが、母の出身地である愛媛県に行きたいと思いました。父方の実家がある徳島の街を途中通り、子供のころのことを色々と思い出しました。

20170909 tobe 2-1.jpg

とべ動物園は松山市から30分弱の距離にあります。山の地形をうまく利用してあり、大きな動物がのびのびと過ごしているなあ、と思いました。

20170909 tobe 2-6.jpg

ライオンが野外でのびのびしている様子、神戸王子動物園では見れません。

20170909 tobe 2-7.jpg

とべ動物園のかんばん娘、白くまのピースちゃん。人工哺育で育ちました。

20170909 tobe 2-9.jpg

帰る時は起きてましたが、朝はうつ伏せで寝てました。

20170909 tobe 2-10.jpg

ピースちゃんのお母さんは隣の部屋にいました。

20170909 tobe 2-2.jpg

かば3頭いたのですが、娘は上野動物園のおよめに行きました。

20170909 tobe 2-3.jpg

気持ちよさそうに広いプールで泳いでます。お父さんかお母さんか分からないのですが、どちらかは部屋の水槽の中で寝てました。

20170909 tobe 2-4.jpg


アフリカゾウの一家です!

20170909 tobe20.jpg

家族の紹介が書いてあります。

20170909 tobe4.jpg

お父さんは2016年4月に亡くなりました。「ありがとう、アフくん」と書いた大きなポスターが飾ってあります。後ろは長女のひめちゃんです。

20170909 tobe3.jpg

お母さんのリカさん、長女のひめちゃん、次女のとあちゃんがいます。

20170909 tobe5.jpg

ひめちゃん、リカさん。

20170909 tobe10.jpg

リカさん、とあちゃん。

20170909 tobe11.jpg

リカさんととあちゃんが水浴びして、気持ちよさそうでした。

20170909 tobe 2-11.jpg

ゾウのうんちが置いてありました!

20170909 tobe14.jpg

とべ動物園
愛媛県伊予郡砥部町上原町240
ホームページ



ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 17:17| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

亡き夫との思い出に…米90代女性、独ケルン動物園に24億円寄付(AFPより)

先日「クローズアップ現代」で「遺贈」が取り上げれてました。自分が死んだ時にどこかにお金を贈る、ほんの少額でも(3000円から)、心に残ったところに、という話でした。配偶者がお世話になった介護施設、動物園。。私も考えようと思っていたらこのニュース、とてもタイムリーですが、桁があまりにも違いすぎます!!「自分のお金を誰に残そうかと考えるときには、思い出がとても大きな役目を果たすものです。動物園なら、お金が有意義に使われるでしょう」、という一節は素晴らしいです。


posted by jirokayo at 08:56| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

マックのお母さん、スイスの動物園 Knies Kinderzoo にいました

チューリッヒ動物園の特集番組で見たゾウについて調べていたら、神戸王子動物園のマックの父親Maxiの子供たちだとわかりました。(マックはスイス生まれでした) それからマックの母親ClaudyはRapperswilの動物園で、娘と孫娘といる写真を見つけ喜んでいました。が、Claudyは2016年11月16日、54歳で亡くなっていました。

Claudy.jpg
2004年、娘のSandryと一緒の写真
Knies Kinderzooの死亡記事(2016/11/16)
Elefantenkuh Claudy in Knies Kinderzoo gestorben
この記事の終わりに原文があります
ドイツ語が私には難しくてよく分かりませんが、ケガをしていたようで最後は安楽死させてもらったようです。1963年1月1日生まれ、私と同じころに生まれ同じだけ生きてきたのだと思うと、昨年亡くなったことが残念でなりません。

Claudyは3人の子を産みました。1985年の最初の子Lohimiは3歳で亡くなっています。1992年にマック、1999年にSandryが生まれます。Sandryは父親が違います。

HMPpark_elephant6_10.jpg
2013年11月1日に娘SandryがKalayaを生みました。
4か月後の記事と写真です(Blick 2014年3月8日)。
Ein Gstältli für Elefäntli Kalaya
記事の写真欄を進めると46枚の写真が見れます。

HMPpark_elephant6_7.jpg
Claudy、Kalaya、Sandryの順番で歩いてます。

Kinderzoo(こども動物園)は10月末〜3月初旬までお休みです。記事には「来週から生後4か月のKalayaが観れます」、と書いてあります。写真はそのためのトレーニングをしているようです。



記事のビデオです。ドイツ語なのでほとんど分かりませんが、三世代の家族が見れます。マックのお母さんClaudy、娘と孫と一緒で幸せだったろうと思います。

HMPpark_elephant6_11.jpg


Elefantenkuh Claudy in Knies Kinderzoo gestorben

In Knies Kinderzoo Rapperswil ist die älteste Elefantenkuh Claudy im Alter von 54 Jahren verstorben.
Claudy kam in den frühen sechziger Jahren als Jungtier aus Thailand zum Circus Knie und war viele Jahre Bestandteil der Elefantennummer im Schweizer National-Circus. Nach ihrer Zeit im Zirkus erfreute sie die kleinen und grossen Besucher des Kinderzoos.
Claudy brachte in Rapperswil drei Jungtiere zur Welt: Lohimi 1985, Boy 1992 und Sandry 1999. Zudem wurde sie am 1.11.2013 Grossmutter der kleinen Kalaya (Mutter Sandry) und leistete einen wichtigen Bestandteil zum Erhalt der Sozialkultur innerhalb unserer neunköpfigen Elefantenherde.
Aufgrund von starken Altersbeschwerden und der immer schmerzhafter werdenden Arthrose in beiden Füssen - welche ein Aufstehen/Abliegen zunehmend verunmöglichten – haben uns veranlasst, das rund 3.5 Tonnen schwere Tier heute Morgen zu erlösen. Zusammen mit Spezialisten der Veterinärpathologie der Universität Zürich, unserem Veterinärteam sowie Vertretern des kantonalen Veterinäramtes St. Gallen wurde Claudy sanft eingeschläfert.
Knies Kinderzoo
Franco Knie
16.11.2016/bs


ラベル:ドイツ語 ぞう
posted by jirokayo at 03:10| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

神戸王子動物園、残暑の中でも楽しすぎ(*^^*)

このところ毎日のようにゾウの写真やビデオを見ているので、本物に会いたくなって週末に王子動物園に行きました。

20170825 zoo13.jpg

年間パスポートを買おうとしたら、月初めに買った方がお得です、と言われ今回はチケット買いました。

20170825 zoo9.jpg

王子動物園のシンボル? フラミンゴが迎えてくれます。
そして14:30から始まるゾウのトレーニングを見に急いで、ゾウの運動場に行きました。

20170825 zoo2.jpg

小ゾウの結希とりり香ちゃんがホームステイ中、オスのマック(結希の父親)は運動場に出てなかったので、今回初めて歩いている姿を見ました。マックは日本で飼育されているゾウの中で最大、迫力があります。

20170825 zoo14.jpg

マックは室内でトレーニングします。ゾウ舎は鉄道のレールでできているそうです。
トレーニングは飼育係の号令に合わせて、「ステイ」「ラング」「リフト」などの号令で動きます。健康管理のために欠かせないそうです。動いて、止まって、足を上げて、上手にできる度に果物や食パンをもらってました。

20170825 zoo1.jpg

マックは足が長く、顔が小さいイケメンで、結希くんはお父さん似ています。

20170825 zoo5.jpg

そして出目男くん一家を見にカバ舎へ向かいました。
出目男くんは外で食事中でした。

20170825 zoo6.jpg

ナミコさんと出目丸はプールに入ってました。

20170825 zoo7.jpg

出目丸が顔をあげて吠えました。大きな声が響きわたりびっくりしました。

20170825 zoo12.jpg

パンダのタンタンは器用に寝てます。

20170825 zoo10.jpg

シベリアオオヤマネコ、去年の末にラトビアのリガ動物園からやってきました。

20170825 zoo8.jpg

美しい色っぽいポーズに、絶対女の子だわ、と思ったら、オスの「アル」くんでした。まだ人から見られるのに慣れてないそうです。リガから来てくれて、ありがとう!!今度はメスの「ベル」ちゃんにも会いたいです。

20170825 zoo3.jpg

メスのインドゾウ、ズゼのトレーニングは運動場でします。後ろ足で歩いたり、座ってポーズを取って、本当に賢いです。

20170825 zoo15.jpg

トレーニングが終わってからも長くマックやズゼを見ていました。気が付けば私しかいませんでした。「ズゼちゃん、バイバイ」、と小声で言って手を振ると、ズゼの耳がパターと動きました。「えー、挨拶してくれたの、ありがとう!」、 と思いこみ激しすぎる私でした。

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 12:28| Comment(4) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

神戸、王子動物園のカバさんたち

7月に王子動物園にぞうさんを見に行った時に、ざっと他の動物も見ました。丸くて大きいカバの背中が印象的でした。

20170821 kaba1.jpg

4月11日にカバの赤ちゃんが生まれ、出目丸と名づけられました。お父さんは出目男、お母さんはナミコです。王子動物園、公認ボランティアさんのアップされたビデオです。カバさん一家にまた会いに行きたくなりました。




posted by jirokayo at 01:50| Comment(13) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

「アフリカゾウの家族をつくる 28年間の記録」、絆のドキュメンタリーの放送です(NHK 8月9日)!!

台風で大きな被害にならないことを祈っております。
8月9日(水) 22:50〜23:15 NHK総合で、「アフリカゾウの家族をつくる 28年間の記録」が放送されます。
先月、王子動物園のゾウを見に行って以来、ゾウさんが大好きになりました。この番組も楽しみです!

20170807 nhk.JPG

アフリカゾウの家族をつくる 28年間の記録 (番組ホームページより)
「レジェンド」と尊敬される飼育員・椎名修さん。だが孤児だった2頭の子ゾウを受け入れ、「家族をつくる」ことに挑んできた28年は波乱の毎日。ようやく生まれた赤ちゃんゾウだが、母は育児を放棄。椎名さんが親代わりに育てる前代未聞の事態に。娘ゾウも家族になじめず試行錯誤の飼育が続く。そして去年、父ゾウの死という悲劇が襲った。ショックを受ける母と子。椎名さんの体にもある異変が…ゾウと飼育員、絆のドキュメント。

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 00:15| Comment(2) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

りり香と結希の「ぞうさんのお絵かき」@王子動物園(2017年7月14日)

インドゾウ「結希」と「りり香」が18日間、王子動物園にホームステイしました。なぜ王子動物園にホームステイかは一回目の記事を参照ください。一回目の記事:象のズゼはラトビアからの贈り物☆子象の結希が王子動物園にホームステイ中です
その間2頭の象はショーで「ぞうさんのお絵かき」、「ぞうさんのおつかい」を披露してくれました。たくさんの方が来られて、何度も足を運んでおられるリピーターの方も多かったそうです。私も2回目、7月14日にビデオを撮影しました。



ラベル:ラトビア ぞう
posted by jirokayo at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

象のズゼはラトビアからの贈り物☆子象の結希が王子動物園にホームステイ中です!

ラトビアのリガでガイドさんから、神戸の象がリガにいます。と聞いたのですが、実は反対でリガの象が神戸にいました。1990年生まれのズゼ、阪神淡路大震災の後、神戸市民を励ますために姉妹都市のリガから贈られました。

20170707 zuze2.jpg

ズゼは人工哺育で育ったため子育てができず、過去2回出産した子ゾウはどちらも人工哺育となった後、骨形成不全で死亡しました。それで3回目の出産は、子育て中のゾウやゾウ使いのいる市原ぞうの国で行い、自然哺育を学ばせようとしました。が、結局「ズゼ」は授乳ができず、生まれた子「結希」は、市原ぞうの国が飼育する「プーリー」が自分の子の「りり香」とともに母乳を与えて育ててくれました。代理母によるゾウの育児は日本初のことです。(王子動物園のサイトから

20170707 zuze1.jpg

ズゼの所有権はロシアにあったのですが、ズゼが大好きだったラトビアの市民は返却のために寄付金を募ったそうです。なのに神戸の元気のためにに贈ってくれました。

20170707 zuze3-5.jpg

そして今、ズゼの子供「結希」と乳きょうだいの「りり香」が王子動物園にホームステイ中です。
平成29年6月29日(木曜)〜7月15日(土曜)。

20170707 zuze3-1.jpg

二頭はとっても賢くて驚きました。

20170707 zuze3-3.jpg

ハーモニカを吹いたり、タンバリンを鳴らしたり、椅子に座ります。が、驚いたことにお絵描きもできるではないですか! 日本で絵を描ける象は3頭だけで、もう一頭はりり香のお姉さん象とのことです。

20170707 zuze3-2.jpg

神戸の絵を二頭で交代に描きます。

20170707 zuze3-4.jpg

結希が赤色でポートタワーを描いて、完成です。

20170707 zuze3-6.jpg

ラトビアのリガに行かなければ、王子動物園に象を見にいくことはなかったと思います。
タイミングよく、ズゼの子供にも会えて良かったです。ありがとうございます
ラベル:ラトビア ぞう
posted by jirokayo at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする